大阪朝の読書連絡会
大阪朝の読書連絡会
団体
学校における「朝の10分間読書」を研究推進するグループです

グループ紹介

朝の読書が始められて早30年がたとうとしています。多くの学校で取り組まれ、児童生徒の読書数を増やすことに成果を上げてきました。

しかし、長く続けてきた結果、当然の学校行事のようになって、提唱者の林公先生のめざされた「生徒に世の中を生き抜く力をつける」という目標がおろそかになっているようにも感じます。

また、その結果として効果が表れない、児童生徒が集中しない、それよりテストの点数だなど、意義を理解しない状況も広がりつつあります。また、小学校の英語学習が帯時間を想定し、朝の10分間読書の時間にとって代わる可能性も出てくるなど、学校教育の中で最も基礎的な力であるはずの読書力がおろそかにされる傾向も見られるようになりました。

多くの教員をはじめとする、子どもたちに読書の喜びを味あわせ、読書力と生きる力をつけたいと願っている皆さん。共に学び、実践を重ねましょう。

イベントは見つかりませんでした。


RSS