当イベントは終了しました。

「サンマとカタール 女川つながる人々」映画とライブin石巻

2016年7月15日(金) 18:30〜20:40

「サンマとカタール 女川つながる人々」映画とライブin石巻

ドキュメンタリー映画「サンマとカタール 女川つながる人々」石巻初上映!蔵王在住シンガーソングライター幹mikiライブ付のスペシャルイベントです!

会場 みやぎ生協文化会館アイトピアホール
住所 宮城県石巻市中央2-7-3    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 映画 Live ドキュメンタリー 幹miki サンマとカタール 石巻
事務局 日本カタールパートナーズ(平成プロジェクト)    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

各地で感動を呼んだドキュメンタリー映画「サンマとカタール 女川つながる人々」が待望の石巻上映決定!映画のエンディングテーマを歌う蔵王町在住・幹mikiのライブ付のスペシャルイベントです。映画を見逃した方、幹mikiの魂に染み込む美しい歌声を浴びたい方、ぜひご来場ください。席数が限られていますので、お申し込みはお早めに!

「サンマとカタール 女川つながる人々」映画とライブ in 石巻
【日 時】 2016年7月15日(金)開場18:00 開演18:30 (終了20:40予定)

【会 場】 みやぎ生協文化会館アイトピアホール(石巻市中央2-7-3)
      ■電車のアクセス:JR「石巻駅」より徒歩約10分
      ■車のアクセス:三陸自動車道石巻河南I.Cより車で約20分
【内 容】 第1部「サンマとカタール 女川つながる人々」映画上映(73分)
     第2部 幹miki復幸ライブ(40分)
                  (第1部と第2部の間は休憩があります)
【料 金】 前売券 2,000円(学生1,500円) 
     (※当日券 2,500円/学生2,000円は席が残っている場合のみ会場にて販売いたします)
【定 員】 80名
【申込方法】 本サイトよりお申込みください。
      お支払いは当日会場受付にてお願いします。
      (スクロールしていただくとこのページの一番下に赤い「申込む」ボタンがあります)
【問合せ先】 平成プロジェクト
      TEL:03-3261-3970(平日10時~18時) E-mail: sanma@heisei.pro

      ミント
      TEL:090-3123-0473
【主 催】 日本カタールパートナーズ/M-int
【共 催】 街づくりまんぼう
作品紹介

復興5年目、今だからこそ、向き合える過去がある。見えてきた未来がある。宮城県女川町-刻々と変わる人と町を見つめるドキュメンタリー

東日本大震災からまもなく丸5年。宮城県女川町は、住民の1割近くが犠牲となり、8割近くが住まいを失い、被災した全ての市町村の中でも人口比では最も激烈な被害を蒙った。町の中心部は根こそぎ津波にのまれ、失うものは何もなくなった。そんな絶望から人々はどうやって立ち上がり、生きているのか?そして中東カタールとの絆とは?若者がリードする、泣き笑いの女川復興の軌跡、切なくて逞しい人間の底力に迫った本作品、2年間の撮影期間を経てようやく映画が完成した。

<STORY>

宮城県女川町。「あの日」、この町では住民の1割近くが犠牲となり、8割近くが住まいを失った。あれから3年半後の2014年9月、震災の年も休むことなく続けられた秋刀魚収獲祭では、大勢の客がサンマの煙に包また。女川町の復興に、最初に希望の光を灯したのは中東カタール。大型冷蔵冷凍庫「マスカー」の操業が復興の第一歩となった。町内は、町の中心部全部を更地にして嵩上げする工事が、2015年3月のJR女川駅開通「まちびらき」に向けて休むことなく進んでいた。町づくりの中心になっているのは若者たち。水産業を営む阿部淳(あつし)さんは、震災の翌年3月に祭りを企画。批判を浴びながらの開催だったが、その祭「復幸祭(ふっこうさい)」も大きく成長。JR女川駅の開通合わせた2015年の復幸祭も、津波が来たら高台に逃げることを伝承する「復幸男」レースの、「逃げろー!」という合図で始まった。すべては津波の記憶を未来に伝えるため…。そして2015年12月、駅前商店街とプロムナードがオープン。新しい女川のカタチが見えてきた。カタールが灯した復興の灯は、大きな希望となって女川の未来へ続いていくー。

 

「サンマとカタール 女川つながる人々」公式サイトはこちら

 

シンガーソングライター 幹miki

宮城県蔵王町在住。雄大な自然に囲まれた中で暮らしながら日々創作活動をしている。専門学校在学中に音楽プロデューサー須藤晃氏(尾崎豊、玉置浩二、浜田省吾等プロデュース)にその才能を認められ、同氏プロデュースによる村下孝蔵トリビュートアルバム「絵日記と紙芝居」(2006年リリース)に唯一アマチュアで参加(ジュジュ名)。その後、地元宮城・仙台を拠点に本格的な音楽活動を始める。今年6月には、台湾でもCDデビューを果たす。震災直後より石巻や南三陸、女川、七ヶ浜などの沿岸部において、音楽による支援活動始め、現在も継続中。

 


開催場所

みやぎ生協文化会館アイトピアホール宮城県石巻市中央2-7-3


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
一般 ¥2,000 終了
学生 ¥1,500 終了
募集期間:2016年6月17日(金) 10:00〜2016年7月14日(木) 23:59

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 58/80