当イベントは終了しました。

「想ふ映画館」vol.1 ~2016年1月開館~

2016年1月17日(日) 09:30〜19:45

「想ふ映画館」vol.1 ~2016年1月開館~

『Buddhist』『 ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』『 バベルの学校』上映会

会場 東桜会館 第2会議室
住所 愛知県名古屋市東区東桜2-6-30    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 仏教 哲学 映画 自主上映 ファッション 学校 教育 想ふ映画館
事務局 想ふ映画館    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

===================================
2016年1月「想ふ映画館」始まります
===================================

上映映画:

『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』2015年 93分  
『Buddhist −今を生きようとする人たち−』       2015年 70分
『バベルの学校』                   2013年 89分


日時:2016年1月17日(日)
☆ザ・トゥルー・コスト 10:00~12:15(09:30受付開始)
☆Buddhist       14:00~16:00(13:30受付開始)
☆『バベルの学校』   17:30~19:45(17:00受付開始)

●プログラム:映画上映、感想シェアリング、想time、観たい映画投票…等

●場所:東桜会館 第2会議室  名古屋市東区東桜2-6-30
  (東山線「新栄町」駅1番出口より徒歩5分 桜通線「高岳」駅3番出口より徒歩5分)
  ※会場には駐車場がございません。公共交通機関、コインパーキング等ご利用下さい。

●参加費:大人1500円 中高生1000円、小学生500円、未就学児無料     当日受付にて現金でお支払いください。

●セット割引(大人のみ)3作品通しチケット ¥3500円(1000円お得)2作品通しチケット¥2500円(500円お得)
●定員:各回80名(先着順・要予約)

申込みボタンより必要事項をご記入のうえ、ご希望の映画を選択下さい。

不具合が生じた場合は omofucinema@yahoo.co.jpへ、
以下①~⑥を記載の上メールをして下さい。
①お名前 
②区分(大人、中高生、小学生、未就学児いずれか)
③鑑賞映画 
④所属(お仕事や、活動、役割など、普段していること)※任意
⑤連絡先 E-mailアドレス
⑥連絡先 電話番号

※メール申し込み順に先着とさせていただきますので、ご了承ください。
また、キャンセルは3日前までとさせていただきます。
以後(1月15日以降~)はキャンセル料金が全額発生致しますのでご了承ください。

---------------------------------

作品紹介
☆ザ・トゥルー・コスト 
これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。
これは貪欲さと恐怖、そして権力と貧困の物語でもある。
全世界へと広がっている複雑な問題だが、私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。
この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。
本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、
ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。
この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、
ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、
環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。
またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。
私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。
 
▽公式サイト   http://unitedpeople.jp/truecost/
▽予告編はこちら https://vimeo.com/141232707


☆Buddhist
~日本全国にお寺は約75000もの数があるのに私たちはあまり仏教を知らない~
「あなたは今を、生きようとしていますか?」身近にありすぎて、深く考えることのない、仏教のメッセージ。
 仏教が伝えたかったことは何だったのか。今、見つめ直すときが、再びきているのかもしれない――
『はじまりの島』の後藤サヤカ監督が、2年の歳月を費やして日本と世界を駆け回り、
6人の僧侶の活動を追ったドキュメンタリー映画、『Buddhist ?今を生きようとする人たち?』
この世界で生きていくことの意味に目をそらしたりせず、真摯に向き合おうとする6人の「Buddhist」
そんな映画を見て、自分の生きる意味について考えませんか?
 
▽公式サイト   http://buddhist-movie.com/
▽予告編はこちら https://youtu.be/iqeh4jAd1RQ


☆『バベルの学校』
24人の生徒、20の国籍、24のストーリー。
フランス中を感動に包んだドキュメンタリー。
アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。
世界中から11歳から15歳の子どもたちがフランスにやって来た。
これから1年間、パリ市内にある中学校の同じ適応クラスで一緒に過ごすことになる。
 24名の生徒、20の国籍…。この世界の縮図のような多文化学級で、
フランスで新生活を始めたばかりの十代の彼らが見せてくれる無邪気さ、熱意、そして悩み。
果たして宗教の違いや国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのだろうか。
そんな先入観をいい意味で裏切り、私たちに未来への希望を見せてくれる作品。
  
▽facebook http://unitedpeople.jp/babel/
▽予告編はこちら https://vimeo.com/114641603


***********************************************
「想ふ映画館」

知ることからはじめる
そして想像してみる。。
自分自身をきちんと主語にして。。

想ふは希望。想ふは願い。
未来をつくるのは、ひとりひとり。
未来をつくるのは、今、このとき。

ドキュメンタリー映画を通じて
「知る」と「想ふ」を大切にする場所
それが「想ふ映画館」です。

          廣野聡美(想ふ映画館 館長)

***********************************************

※「想ふ映画館」vol.2 予定
●日時   2月11日(木)@久遠寺(新栄町)
●上映作品 ある精肉店のはなし 108分 2013年

***********************************************



開催場所

東桜会館 第2会議室愛知県名古屋市東区東桜2-6-30


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
大人 ¥1,500 終了
中高生 ¥1,000 終了
小学生 ¥500 終了
未就学児 無料 終了
2作品通しチケット(大人のみ) ¥2,500 終了
3作品通しチケット(大人のみ) ¥3,500 終了
募集期間:2015年12月5日(土) 00:00〜2016年1月16日(土) 23:59

イベントは終了しました


変更履歴

  • 募集終了日時を【2016-01-15 23:59:00】から【2016-01-16 23:59:00】に変更しました。2016年1月16日(土) 00:41
  • 募集終了日時を【2016-01-14 23:59:00】から【2016-01-15 23:59:00】に変更しました。2016年1月13日(水) 20:50

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 24/80