当イベントは終了しました。

国立能楽堂を楽しもう~春の能楽鑑賞会~

2016年4月22日(金) 18:30〜20:30

4月22日に開催される「狂言の会~家・世代を越えて」を鑑賞します(1年を通じて国立能楽堂で開催される能狂言の舞台を楽しむ会です。)

会場 国立能楽堂
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 オフィスすえつぐ「伝統芸能を楽しむ会」    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

1年を通して、国立能楽堂での演能鑑賞を楽しんでいただく「国立能楽堂を楽しもう」

春の会は、「狂言の会 ~家・世代を越えて~」です。

  狂言  二人大名        野村 万作       (和泉流)
  狂言  鱸包丁         山本 東次郎      (大蔵流)
  狂言  武悪          野村 萬          (和泉流)

この公演のサブタイトルは「家・世代を越えて」
3人の狂言方人間国宝が出演します。
「世代を越えて」ということで、それぞれの流派を越えて、次世代の若手が相手役として登場します。
年月を経て培われた芸の深さと、新しい世代の勢い、その両方を楽しめる公演です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【2016年度能楽鑑賞会スケジュール及び各会費】

・4月22日(金)  18時30分開演  狂言の会(3,200円)
・8月25日(木)  18時30分開演  素の魅力(4,800円)
・12月16日(金) 18時30分開演  定例公演(3,200円)
・2月11日(土)  13時   開演  普及公演(3,200円)
         ※チケット代はすべて脇正面・GB席大人料金です。

【今回の能楽鑑賞会の特徴】

・年間を通じて、特に人気の高い公演を選びました。全公演ご覧いただくと、能楽5流派中金春流を除く4流派の演目を鑑賞できます。
・わかりやすい解説書付で、事前・事後にその演目について深く知ることができ、個別のご質問についても丁寧に対応させていただきます。そして、その内容を全メンバーにシェアいたしますので、初めて能狂言をご覧になる方にも安心してお勧めできます。
・最終回2月11日の普及公演時、実際の能舞台を使った体験レクチャーが予定されています。

【お申し込みの流れ】

・各鑑賞日ごとに、お申し込みフォームを設定しております。
・募集枠は各ステージ10名です。公演によっては追加が可能なものもございます。満席の場合はお問い合わせください。
・公演前々月20日がお申し込み期限、同末日がチケット代振込期限となります。それ以降はキャンセル・変更はできません。万一、ご都合が悪くなった場合は、ご自分で代わりの方を探していただく場合もございますので、ご了承くださいませ。

【お申し込みの前にご確認ください】

・この能楽鑑賞会は、団体枠で一般発売に先駆けてお席を確保しております。各種割引の対応はできません。(キャンパスメンバー割引は適応できませんが、学生割引の対象の方は事前にお申し付けください。)お席を選ぶことはできませんので、ご了承くださいませ。

※ご自分でお席を取りたい、割引を利用したいという方は、各公演日の前月9日10時より一般発売ですので、チケットセンターでの℡予約、またはweb予約をご利用ください。

ご提供する資料やワークショップは チケット代金に含まれますので、追加料金をいただくことはありませんが、チケットの送料、振り込み手数料、劇場までの交通費や飲食代、またメールの送受信にかかる費用はご自身のご負担となります。
また、悪天候などでお越しいただけなかった場合でも公演が開催された場合は払い戻しはございませんので、ご了承下さい。
ただし、不慮の天災等で公演自体が開催されず、国立能楽堂が払い戻しの処理をおこなう事態が発生した場合は、この限りではありません。(その場合の対応はチケット代のみとなります。交通費・宿泊費などの補償はできかねますので、よろしくお願いいたします)

 

 



開催場所

国立能楽堂東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
狂言の会 ¥3,200 終了
募集期間:〜2016年2月20日(土) 00:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 残り10