当イベントは終了しました。

最上町「農業・畜産業xIT」アイデアワーク

2015年10月23日(金) 13:002015年10月24日(土) 16:00

最上町「農業・畜産業xIT」アイデアワーク

最上町の温泉郷を楽しみながら、農業・畜産業が直面する課題を解決するITソリューション、ビジネスプランを考えるアイデアソンです。

会場 健康福祉プラザ 保養センターもがみ
住所 山形県最上郡最上町大字大堀字蟹ノ又1360-19    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル
>
タグ 農業 畜産 IT アイデアソン ハッカソン 山形 最上町
事務局 最上町「農業・畜産業xIT」アイデアワーク事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 最上ハッカソン

イベント詳細

概要
豊かな自然と温泉郷が自慢の最上町。
その一方で農業・畜産業が直面している課題は多様で複雑化しています。そんな課題を解決する、ITソリューション、ビジネスプランを生産者の方と一緒に考えてみませんか?
エンジニアやデザイナー、テーマに関するアイデアや問題意識を持つ方ならどなたでも可能です。
ぜひあなたのアイデアや熱い想いをカタチにして、農業・畜産業の未来を共に作りましょう。

【こんな人集まれ~】

  • ITやデザインのスキルを農業分野で活かしたい方
  • 農業・畜産分野のITソリューション、ビジネスプランを企画・開発したい方
  • 社外/異業種の参加者との交流、オープンイノベーションに興味のある方
  • 山形/最上町を離れたけど、山形/最上町を応援したい方
  • アイデアワークの手法を学びたい方
  • 最上町の秋の味覚、温泉を楽しみたい方

【ココに注目】

最上町「農業・畜産業xIT」アイデアワーク では、農業の抱える一般的な課題よりも、最上町の農家さんが抱える具体的な課題やその人にフォーカスした課題を深く掘り下げ、課題解決に向けたアイデアワークを行います。
ローカルな課題に着目するからこそ、生まれてくるアイデアがあります。

主催:株式会社システム計画研究所
協力:最上町、株式会社CCL、ユナイトideha

お問い合わせ先:株式会社システム計画研究所(担当:赤川)
mail: mgm-hack@isp.co.jp 電話:03-5489-0233

スケジュール

 1日目
13:00 開会式
13:30 インプットセミナー
15:30 アイデアワーク
19:00 交流会
 2日目
9:00 アイデアワーク
14:00 成果発表会
16:00 解散

 [インプットセミナー]
 現場の生産者から届いた課題を共有します。
 また、講師をお招きし、課題解決のヒントを得るべく講義をしていただきます

 [アイデアワーク]
 農家さんにもチームに入っていただき、みんなで課題解決のためのアイデアを出し、
 ITソリューション、ビジネスプランとしてまとめます。

アイデアワークで練り上げたビジネスプラン、ITソリューションを形にする場として、11月にハッカソンの開催を予定しています(主催:最上地域雇用創造推進協議会)。
アイデアワークの成果は、ぜひそちらのハッカソンへのインプットとしてご活用ください。

 [交流会]
 自由に歓談しながら、参加者、農家さんとの交流の場としてご活用ください。

 [成果発表会]
 各チームごとにまとめたITソリューション、ビジネスプランを発表していただきます。 

《ファシリテーター紹介》

原 亮 氏 
Fandroid EAST JAPAN 理事長/みやぎモバイルビジネス研究会 会長/Global Lab SENDAI 代表幹事/株式会社CCL 取締役

 編集者・ライターを経て、2004年、仙台に拠点を置くモバイルコンテンツの制作プロダクションへ入社をしてモバイル業界へ。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、フリーランスへ転身。同年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」立ち上げ。2011年「Fandroid EAST JAPAN」設立。2012年、株式会社CCL設立。地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「Global Lab SENDAI」代表幹事。一連の活動を通して、地方×モバイルで活躍するプレーヤーの輩出と場の創造を目指している。 東北を起点に大阪、岐阜など、全国の地方都市でのアイデアソンやハッカソン、都内大手企業のイベントやワークショップのファシリテーターなども多数務めている。

《インプットセミナー講師紹介》

佐藤恒平氏 地域振興サポート会社「まよひが企画」代表(http://mayoiga-k.jp/ )/山形県コミュニティ支援アドバイザー

 2010年に地域おこし協力隊として朝日町情報交流アドバイザーに就任。学生時代に行っていた地域振興手法研究のひとつである「着ぐるみを使った、地域おこしがしやすい地域づくりの研究」の実践として、自作の着ぐるみ「桃色ウサヒ」による朝日町のPRを展開。地域との交流の中で住民から寄せられる様々なアイデアを、着ぐるみの運営に取り入れていくことで、住民参加型の情報発信を実現している。2012年、朝日町観光協会の理事に就任。2014年1月、地域振興サポート会社「まよひが企画(マヨイガキカク)」を開業。実験的な地域活性手法「非主流地域振興」によって、自治体や公益団体の事業サポートを行っている。
 2012年地域仕事づくり大賞総合グランプリ、2014年全国広報コンクール広報企画部門入選、第6回協働まちづくり表彰優秀賞などを受賞。

佐藤氏が提唱する、成功事例の再現を模倣しない活性化手法「非主流地域振興」を農業の分野にも注入していただきます。

費用
イベント参加費は無料。宿泊費、食事代は自己負担でお願いします。
宿泊費:1泊2日(交流会、宿泊、翌朝食付)10,000円、交流会のみ:4,000円

参加者が各自で用意するもの
パソコン、タブレット、スマートフォン(必須ではありません)
現地までの交通費、宿泊費、交流会費

Q&A
Q:ITに詳しくないのですが、参加可能ですか?
Aもちろん参加可能です。アイデアワークでは、日頃の農業に関するお困りごとなどを掘り下げ、みんなでアイデアを出し合います。ITのプロを交え、ITでできることを知る場としてご活用ください。


Q:東京から参加予定ですが、大丈夫でしょうか?
A大歓迎です。テーマは最上町の農業・畜産業にフォーカスしますが、町外、県外に住む方の視点も必要としています。


Q:個人の参加は可能ですか?
Aもちろん可能です。成果物の事業化を目指す場合は、会社や組織でチームを組んでの参加をお勧めします。個人参加の場合は、主催者側でチーム割り当てを行います。


Q:成果物のアイデアは自社のものとして保護されますか?
A成果物は参加者の共有物として公表されます。また、IT事業者が自社サービスに活かす素材にもなります。知的財産等の登録・管理は自己責任にてお願いします。


Q:日曜日に観光したいのですが、もう一泊できますか?
Aもちろん可能です。ご連絡いただければ、こちらで延泊の手配をいたします(1泊2食付¥10,410~)。紅葉の季節です。色づき始めた山々の風景と、山の幸をお楽しみいただけます。


Q:会場に駐車場はありますか?
A駐車場(無料)は十分ございますので、お車での来場もOKです。


Q:電車の最寄駅はどこですか?
A電車でお越しの場合、大堀駅、または新庄駅になります。駅からバス送迎致します。詳細はお申込み完了後にご連絡いたします。



開催場所

健康福祉プラザ 保養センターもがみ山形県最上郡最上町大字大堀字蟹ノ又1360-19


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
参加チケット 無料 終了
募集期間:2015年8月28日(金) 06:00〜2015年10月22日(木) 00:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • 募集終了日時を【2015-10-19 00:00:00】から【2015-10-22 00:00:00】に変更しました。2015年10月16日(金) 16:25

RSS

Styary(スタイアリー)
終了