当イベントは終了しました。

子どもが家庭で暮らす社会に向けて ~中央・東ヨーロッパで家庭養護を推進してきた経験から~

2015年6月8日(月) 15:00〜17:00

子どもが家庭で暮らす社会に向けて ~中央・東ヨーロッパで家庭養護を推進してきた経験から~

日本財団は、ハリー・ポッターの著者であるJ.K.ローリングが創設したイギリスの国際的NGOルーモスと共催で、家庭養護の推進についてのシンポジウムを開催します。

会場 日本財団
住所 東京都港区赤坂1-2-2    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 日本財団 ハッピーゆりかごプロジェクト    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 日本財団 ハッピーゆりかごプロジェクト

イベント詳細

日本財団は、イギリスの国際的NGO「ルーモス」と共催で、家庭養護の推進についてのシンポジウムを開催いたします。

ルーモスは、ハリー・ポッターの著者であるJ.K.ローリングが創設した団体で、世界中で社会的養護を必要とする子ども達が家庭で暮らすための体制作りを支援しています。特にモルドバ、チェコ、ブルガリアなど中央・東ヨーロッパで里親を増やしてきた活動実績があり、同地域では過去5年間で子どもの施設での養育は40%減少したと言われています。またルーモスは4月にアメリカ支部も開設し、世界銀行、米国国際開発庁(USAID)、カナダ国際開発庁(CIDA)などと共に、「子どものためのグローバルアライアンス」を結成し世界的な活動を行っています。

今回は、ルーモスの代表であり、世界で最も影響のあるソーシャルワーカー30人の中に選ばれたジョルジェット・ムルヘア女史の来日に合わせてシンポジウムを企画しました。日本でも15年後までに家庭養護を3割に引き上げる目標に向けて、都道府県の推進計画が発表されています。すでに家庭養護への移行が進んでいる国の経験から、学びたいと思います。


シンポジウムタイトル:子どもが家庭で暮らす社会に向けて~中央・東ヨーロッパで家庭養護を推進してきた経験から~

日時:6月8日(月)15:00~17:00
場所:日本財団 2階大会議室
共催:ルーモス、日本財団
協力:(公財)全国里親会、(特非)キーアセット

定員:200名(先着、事前申し込み制)
参加費:無料

日・英同時通訳あり

プログラム:

開会挨拶 尾形武寿(日本財団 理事長)
解説 上鹿渡和宏(長野大学准教授、児童精神科医)

特別講演 ジョルジェット・ムルヘア(ルーモス CEO)
講演 アンドル・ユルモス (欧州委員会 地域・都市政策総局 政策アナリスト)








開催場所

日本財団東京都港区赤坂1-2-2


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
シンポジウム参加 無料 終了
募集期間:2015年5月8日(金) 16:00〜2015年6月7日(日) 17:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了