当イベントは終了しました。

『名僧・親鸞から学ぶ「人間、死んだらどうなるか』

2016年3月15日(火) 19:30〜21:00

『名僧・親鸞から学ぶ「人間、死んだらどうなるか』

ブッダは、死をありのまま見つめること(無常観)は、 いたずらに暗く沈むことではなく、今を本当に明るく楽しく過ごすための第一歩といわれています。

会場 イズミティ21 第2練習室
住所 宮城県仙台市泉区泉中央2-18-1    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ 仏教 講座 勉強会 仙台
事務局 ゼロからわかる仏教教室    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ ゼロからわかる仏教教室

イベント詳細

◆今回のテーマ◆

『名僧・親鸞から学ぶ

   「人間、死んだらどうなるか」』

「人間、死んだらどうなるか?」

「そんなの死んでみないと分からないよ」と目を背けているのが、

  私たちではないでしょうか。

しかし、ブッダは、死をありのまま見つめること(無常観)は、

いたずらに暗く沈むことではなく、

今を本当に明るく楽しく過ごすための第一歩といわれています。

かつて人気テレビ番組で「歴史上の人物ベストワン」と紹介された名僧・親鸞は、

幼くして両親と死別され、9歳にして出家、自らの死をまじめに見つめ、

仏教を学び、心からの幸せになられたと言われます。

未来が明るくなれば、今を心から明るく楽しく生きることができます。

ブッダの説いた人生の宿題 「死の問題の解決」について学びませんか 


◇参加者の声◇ 

自分の死を考えずにいられないニュースがあります。
その度に、自分は何を為すべきか、今をどう生きるかということを考えます。
今日の無常観(死を見つめる)ことが仏教のはじめという内容が心に響きます。(男性)

死について不安を感じますが、明日もつつがなく生きていくために、
どうしなければならないか、ということを考えねばならない事実もあり、
目先のことに心を奪われて、いつの間にか忘れてしまいます。
仏教を学んで人生に真面目に向き合いたいと思います。(女性)

死について、死んだ人が返ってきて、教えてくれないので、
不安になると思います。人生について、死の問題から考える
ことの大事さを知ることができました。(男性)


●講 師 : 福田 琢也 先生
 東京大学出身。岩手、宮城、福島、山形など
 東北各地で仏教講座を開催されています。

●主催:「ゼロからわかる仏教教室」
 H P:http://japan-buddhism.com/tohoku/

●日時 /3月15日(火)19:30~21:00

●会場 /イズミティ21 第2練習室

●参加費/ カンパ制で運営しています。
        ご自由なお気持ちをお預かりします。(目安は1,000円です)

人数に限りがありますので、お申込みは、今すぐどうぞ。


 【警告】 
他の参加者に迷惑をかけたり誹謗中傷したりするような行為があると
コミュニティ管理人が判断した参加者は参加禁止となります。
ネットワークビジネス等の営業目的の参加はご遠慮頂きます。
また、他の参加者から多数のクレームがある参加者に
対しても同様に対応させて頂きます。



開催場所

イズミティ21 第2練習室宮城県仙台市泉区泉中央2-18-1


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
ゼロからわかる仏教講座 無料 終了
募集期間:〜2016年3月15日(火) 19:30

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/10