当イベントは終了しました。

CFC夜カフェ~日本の「子どもの貧困」と教育バウチャーによる支援~

2015年10月31日(土) 19:00〜20:30

CFC夜カフェ~日本の「子どもの貧困」と教育バウチャーによる支援~

日本の「子どもの貧困」「教育格差」の現状と、CFCが取り組む学校外教育バウチャーによる支援方法についてお伝えします。

会場 四谷地域センター 集会室4
住所 東京都新宿区内藤町87番地 四谷区民センター11F    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

日本の「子どもの貧困率」は16.3%-実に日本の子どもの6人に1人は貧困状態にあります。このような子どもたちは教育の機会を失い、進学や夢を諦め、将来に渡って「貧困の連鎖」から抜け出すことが難しくなります。

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)は、日本初の「学校外教育バウチャー」を用いて、子どもの貧困、教育格差の解決に挑んでいます。『CFC夜カフェ』では、子どもの貧困の現状や、課題を解決する教育バウチャーの仕組み、支援を受けた子どもの声、CFCのビジョンなどについて、じっくりとお話しさせていただきます。イベントでは質疑応答の時間も設けていますので、より興味を持った点について考えを深めていただけます。

「仕事以外に何か新しい事を始めたい」「ボランティアや社会貢献に興味があったのに、最近すっかり疎遠になってしまっている…」そんな方も歓迎です!お気軽にご参加ください。

image1

☆こんな方にオススメ!☆
・CFCの活動に興味のある方
・子どもの貧困や教育問題に関心がある方
・社会起業・ソーシャルビジネスに興味のある方
・会社以外で新しい繋がりを作りたいビジネスパーソン

◆講演者プロフィール

今井 悠介(公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事)

1986年生まれ。兵庫県神戸市出身。関西学院大学社会学部在学中に「NPO法人ブレーンヒューマニティー」において不登校関連事業部代表を歴任し、不登校児童等の支援に携わる。卒業後、株式会社日本公文教育研究会(KUMON)に入社し、直営の学習教室の指導者業務や地域のフランチャイズ教室のコンサルティング業務に従事。東日本大震災後、「一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン」を設立し、代表理事に就任。2014年に内閣総理大臣の認定を受け、公益社団法人へ移行。

 

山本 雅(公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン 広報マネージャー)

兵庫県西宮市出身。神戸大学国際協力研究科修了。大学院時代は開発途上国の教育施策の調査研究を行う。大学院修了後、金融機関で非日系企業のLBOファイナンス等のリスク管理業務に従事。海外だけでなく、日本にも「子どもの貧困」が存在し、所得格差によって教育格差が生まれていることを知り、2014年12月よりチャンス・フォー・チルドレンに入職。広報マネージャーとして、広報戦略や施策の立案を行っている。



開催場所

四谷地域センター 集会室4東京都新宿区内藤町87番地 四谷区民センター11F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
CFC夜カフェ~日本の「子どもの貧困」と教育バウチャーによる支援~ 無料 終了
募集期間:〜2015年10月29日(木) 19:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了