当イベントは終了しました。

第九回安全保障講座【中止】

2015年12月19日(土) 14:30〜16:30

第九回安全保障講座【中止】

中朝の核脅威と日本の対応策ーあてにできない米国の核の傘と日本のとるべき対応策ー

会場 大阪倶楽部
住所 京都府大阪市中央区今橋4丁目4-11 3階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 国家生存戦略研究会 関西支部    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

【中止のご案内】
ご案内させて頂いたばかりで大変申し訳ありませんが、急遽中止となりました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。こちらのテーマは、来年改めて取り扱いたいと思っておりますので、改めてご案内申し上げます。
何卒ご了承くださいませ。
---------------------------------
国家生存戦略研究会 関西支部
第九回安全保障講座
「中朝の核脅威と日本の対応策-あてにできない米国の核の傘と日本のとるべき対応策―」
 
平成27年もいよいよ終わろうとしています。来年は米国、台湾、日本で選挙戦があり、他方で中露、北朝鮮の指導者は権力基盤を固めていくことと予想されます。中東、米欧露のテロとの戦いも長引き、激動の年になるでしょう。東アジアでは、米露中朝の核バランスがますます米側不利に傾くことが懸念され、米国の核の傘の信頼性がさらに低下することでしょう。このような状況を踏まえ、安全保障面から日本が採るべき生存戦略について、日本の核保有の可能性も含め考えます。一般のマスコミでは報道されませんが、日本を取り巻 く核戦力バランスがいま崩れつつあります。これは日本の安全保障の根幹を揺るがす大問題です。歳末のご多用な時期と存じますが、一人でも多くの方のご参加をお待ち申し上げます。                                          
 国家生存戦略研究会会長 矢野義昭
 
〇テーマ: 『中朝の核脅威と日本の対応策-あてにできない米国の核の傘と日本のとるべき対応策―』
〇内 容: 米中露核バランスの変化、高まる中国の「接近阻止・領域拒否戦略」の脅威、高まる北朝鮮の核ミサイルの脅威、採るべき日本の対応
〇時 期: 12月19日土曜日14:30~16:30、開場14:00
〇場 所: 大阪倶楽部(地下鉄淀屋橋駅9番出口から西へ200m)
〇資料代: 2,000円(学生1,000円)
〇懇親会&忘年会:3,000円
 


開催場所

大阪倶楽部京都府大阪市中央区今橋4丁目4-11 3階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
資料代 ¥2,000 終了
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会&忘年会 ¥3,000 終了
募集期間:2015年12月4日(金) 00:00〜

イベントは終了しました


変更履歴

  • 募集開始日時を【2015-12-04 00:00:00】に変更しました。2015年12月5日(土) 16:26
  • 募集終了日時を【2015-12-04 00:00:00】に変更しました。2015年12月5日(土) 16:26
  • イベント名を【第九回安全保障講座】から【第九回安全保障講座【中止】】に変更しました。2015年12月5日(土) 16:26

RSS

Styary(スタイアリー)
終了