第2回メディアと表現について考えるシンポジウム「徹底検証 炎上リスク そのジェンダー表現はアリか」

2017年12月16日(土) 13:30〜15:30

メディアにかかわる各界の専門家、実務家をお招きして、メディア表現のリスクなどについて具体的に議論します。

会場 東京大学大学院情報学環福武ホール地下2階ラーニング・シアター
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 「多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)」事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

メディア表現とダイバーシティを抜本的に検討する会(MeDi)
第2回 メディアと表現について考えるシンポジウム

「徹底検証 炎上リスク ─ そのジェンダー表現はアリか」

日時: 2017年12月16日(土)13:30 - 15:30(開場 13:00)

場所: 東京大学大学院情報学環福武ホール地下2階ラーニング・シアター

本年5月に開催したキックオフシンポをきっかけに、テレビ、新聞、インターネットなど、さまざまな媒体上の表現のあり方を考えるグループ「メディア表現とダイバーシティを抜本的に検討する会(MeDi)」が発足しました。今回のシンポジウムでは、メディアに関わる各界の専門家、実務家をお招きして、番組や広告など、メディアの表現が実際にどのようにつくられているのか、いまなぜ「多様性」がキーワードとなるのか、そして、メディア表現のリスクとは何かなどについて、具体的に話し合います。同時に、現代社会における言葉と映像の可能性と今後の課題についても議論します。

普段何気なく接しているメディア表現について、あなたもいっしょに考えてみませんか。

登壇者

  • 鎮目博道:(株)テレビ朝日/AbemaTV、報道局クロスメディアセンター/編成制作局制作部プロデューサー
  • 髙田聡子:マッキャンエリクソン・クリエイティブディレクター
  • 千田有紀:武蔵大学社会学部教授
  • 伊東正仁:損保ジャパン日本興亜 取締役常務執行役員
  • 小島慶子:エッセイスト

司会:治部れんげ ジャーナリスト/昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員

主催

メディア表現とダイバーシティを抜本的に検討する会(MeDi)

東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)



開催場所

東京大学大学院情報学環福武ホール地下2階ラーニング・シアター


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加 無料 募集中
募集期間:2017年10月30日(月) 10:00〜2017年12月15日(金) 23:00

イベント募集:133/200

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


RSS

申込可能
イベント参加 133/200