銀行は決算書をこう見ている

2017年1月19日(木) 18:30〜20:30

銀行は決算書をこう見ている

「最近銀行の対応が厳しくなった」「業績は良くなってきたのに銀行が融資に消極的」など、金融機関の対応に困っていませんか?

会場 鶴田会計&ワンネス・コンサルティング 5Fセミナールーム
住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目9-13 MKビル5F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 ワンネス・コンサルティング セミナー事業部    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 鶴田会計&ワンネス・コンサルティング

イベント詳細

「最近銀行の対応が厳しくなった」「業績は良くなってきたのに銀行が融資に消極的」など、金融機関の対応に困っていませんか?


▼このセミナーは、次の問題をお持ちの経営者・経理責任者・金融機関交渉者の方におススメ!
・金融機関の融資姿勢がよくわからない
・自社の銀行政策をどうすればいいかよくわからない
・金融機関から見た自社の財務状況がわからない


▼本セミナーを受けると…
・銀行から見た自社の財務状況がわかる
・銀行の考え方の基礎がわかる
・自社の銀行構成のあり方がわかる


決算書や数値のことはよくわからん、とばかりに銀行交渉を担当者に任せていないでしょうか?
銀行担当者の質問に適切に答えているでしょうか?

多くの会社が銀行から借入を行い、付き合いをしていると考えられます。
この付き合いをしている相手方、つまり銀行がそもそも、どのように自社を見ているかを知っておくことは無意味なことではないはずです。

本講座では、銀行の考え方を理解すると同時に、銀行が自社の決算書をどのように見ているかを解説いたします。
また、銀行構成の考え方や、銀行とのリレーションの方法についても解説いたします。
 
 
 
 

<講座内容>

●まずは入口、銀行組織と銀行員の特徴
●自社が損をしないための銀行とのリレーション構築方法
●業態ごとに銀行の特徴は違います!!
●あなたの会社はどんなふうに見られている?銀行の決算書の見方
●あるべき取引構成、あるべき取引シェアとは?
●トラブルになったら?いざという時のお助け術
●この4つは必ず自社でやりなさい!

 

◆講師情報◆

森 太樹

税理士法人鶴田会計/公認会計士
M&Aシニアエキスパート

1999年に大手監査法人に入社、監査業務や公開準備に従事。
ビジネスインフラの整っていない中堅中小企業の支援をしたいとの想いから大手経営コンサルティング会社、アタックスグループを経て、2015年に株式会社ワンネス・コンサルティングに参画する。
現在、業績管理制度構築・運用支援、経営改善・事業再生支援、M&A支援を中心として、財務・管理会計の知識をベースに、経営者、経理責任者の相談役として活躍中。

 

 

★★★受講費特別割引★★★
ワンネス・コンサルティングのビジネスセミナーに初参加の方は
なんと受講料50%OFF
通常10,000円のところ<5,000円>でご参加いただけます!

ご予約はシステム都合上、正規料金でのご案内となります。
申込み完了メールのご案内に従って「初参加」とご申告ください。
割引価格を適用させていただきます。

注)但し、法人でのご参加の場合は企業単位の初参加に限らせていただきます。
  同一企業からご参加のお二人目以降は、割引適用外です。

~ワンネス・コンサルティングはみなさまの自己啓発を応援いたします~



開催場所

鶴田会計&ワンネス・コンサルティング 5Fセミナールーム愛知県名古屋市中村区名駅3丁目9-13 MKビル5F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
受講料 ¥10,000 募集中
募集期間:〜2017年1月19日(木) 18:30

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。

RSS

Styary(スタイアリー)
申込可能