当イベントは終了しました。

マタハラの原点!ジェンダー問題と長時間労働を考える

2017年6月24日(土) 16:00〜18:00

マタハラの原点!ジェンダー問題と長時間労働を考える

ジェンダー問題、長時間労働をテーマとした基調講演・トークショー

会場 東京大学駒場Ⅰキャンパス 21 KOMCEE East K211
住所 東京都東京都目黒区駒場3-8-1 21 KOMCEE East(2階)    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ マタハラ マタニティハラスメント ダイバーシティ 人事 長時間労働 ワークライフバランス 働き方改革 同一労働同一賃金
事務局 NPO法人マタニティハラスメント対策ネットワーク    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

「マタハラの原点!ジェンダー問題と長時間労働を考える」

今年から育児・介護休業法が改正・施行されています。
非正規で働く労働者の育児休業がとりやすくなり、マタハラ・パタハラを防止する措置を講じることを事業主に義務付け、違反者への罰則規定が盛り込まれるなど、ようやくマタハラ問題も市民権を得てきたように思われます。
働く女性の労働環境はどのように変化したのか、変化していくのか・・。
マタハラの原点?元凶?でもある、社会に根強くはびこる長時間労働とジェンダー問題の解決に向けた議論も展開していきます。
登壇者として、男女共同参画・少子化対策の制度設計を推進している厚生労働省の河村のり子さん、ダイバーシティの第一人者で、ご自身も育児・介護を行っている渥美由喜さん、働く女性を法律面からサポートさ れている弁護士の圷由美子さんをお迎えします。


◆開催概要
【日時】2017年6月24日(土)16:00~18:00(開場15:30)
【場所】東京大学駒場I キャンパス 21 KOMCEE East(2階)K211教室
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html
    〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
    京王井の頭線「駒場東大前」駅徒歩4分 
【定員】100名
【参加費】500円(資料代として)
     ※学生は無料です。学生証を必ずご持参ください。
     ※託児はありませんが、お子様同伴は可能です。
【主催】NPO法人マタニティハラスメント対策ネットワーク、東京大学教養教育高度化機構

◆プログラム
Part 1:「ワークショップ・マタハラ防止DVD上映」
2016年9月にマタハラNetが監修・発売したDVDの上映とマタハラ基礎知識に関するミニワークショップを開催します。

Part 2:「基調講演・トークショー」
基調講演では厚生労働省 河村のり子さんより、「『働き方改革』がやって来た」というテーマでお話いただきます。
トークショーは、河村のり子さん、ダイバーシティコンサルタント 渥美由喜さん、弁護士の圷由美子さんをお招きして、長時間労働やジェンダー問題についてお話いただきます。
モデレーターは、東京大学准教授・マタハラNet理事の坂口菊恵さんです。

◆登壇者
河村 のり子さん: 厚生労働省 派遣・有期労働 対策部企画課・内閣官房働き方改革推進室企画官 (前:均等政策課課長補佐)
渥美 由喜さん: ダイバーシティコンサルタント(兼務 東レ経営研究所)
圷 由美子さん: 東京弁護士会男女共同参画推進本部事務局次長
坂口 菊恵さん: 東京大学教養教育高度化機構 准教授・マタハラNet理事

【お問い合わせ】マタハラNet事務局(info@mataharanet.org)



開催場所

東京大学駒場Ⅰキャンパス 21 KOMCEE East K211東京都東京都目黒区駒場3-8-1 21 KOMCEE East(2階)


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
マタハラの原点!ジェンダー問題と長時間労働を考える ¥500 終了
マタハラの原点!ジェンダー問題と長時間労働を考える ※学生の方 無料 終了
募集期間:2017年6月7日(水) 12:00〜2017年6月23日(金) 18:00

イベントは終了しました


RSS

終了