当イベントは終了しました。

◇勉強会◇「有無同然」の真理とは?~「­むなしさの心理学」とブッダの教え~

2017年9月28日(木) 19:30〜20:30

◇勉強会◇「有無同然」の真理とは?~「­むなしさの心理学」とブッダの教え~

「有っても無くても同じ」とはどういうことなのか。私達のむなしさの正体を、心理学書とブッダの教えからお話しします。

会場 Grin space
住所 東京都東京都千代田区外神田2丁目2-18 東信お茶の水ビル 1F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 目からウロコの東洋哲学    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ ☆目からウロコの東洋哲学☆

イベント詳細

「それなりには楽しいし、充実もしている。

 けれど、それなりにはつまらない。

 そんな人生が、ただどこまでも繰り返されていく。

 こんな毎日の繰り返しに、いったいどんな意味があるというんだろ

う」       【諸富義彦「むなしさの心理学」】


“仕事もプライベートも特に不足はないのに、どこか満たされない気持ちがある”

“飲み会や友達と遊んで騒いだ後ほど、なぜか寂しい気持ちになってしまう”

“毎日家と職場の往復で、なんか同じことの繰り返しだな・・・”

 

心理学者の諸富義彦さんは、「むなしさの心理学」という本で、 
物に溢れ豊かな生活を送っている日本人の多くが、 

“何か満たされない「むなしさ」“

を抱えていると言っています。

近年政府が出した「1人あたり実質GDPと生活満足度の関係」という指標があります。

戦後60年で1人あたりの実質GDPは約4倍になったにも関わらず、生活満足度は横ばいが続いています。

これは一体どうしてでしょうか?


さとりを開き、人間の心の奥底まで知られたお釈迦様は、「むなしさの正体は、私たちの『真っ暗な心』である」といわれています。

そして、この暗い心が明るくなれば、人生のむなしさが解決し、「生まれてよかった」という喜びに満ちあふれると教えられています。

このむなしさの正体ついて、仏教を初めて学ばれる方にもお話しします。


<講座コンテンツ>

・生きる姿をありのままに言われた、禅僧一休の言葉とは?

・ 人間の心理を表した「花火の後の静けさ」とは

・「“有っても無くても同じ”ってどういうこと?」 有名な『有 
 無同然』の言葉から知る不安の原因

・むなしさの正体・真っ暗な心 とは?


<参加者の感想>

○自分の心を深く見つめる機会になりました。 
 忙しさに自分を忘れてしまっていましたが、本当に大事なこ 
 とに気づかされた思いです。 
(20代・女性)


○自分の心の内を、ズバリ見抜かれた釈迦の言葉に驚きました。 
 深い内容に、繰り返し勉強したいと思いました。 
(30代・男性)


<タイムテーブル>

19:30~20:30 講座

20:30~20:50 質疑応答など

21:00 解散


<参加費>

お気持ちをお預かりしています。目安は500~1000です。

 

<主催者> 
佐藤香子 

千葉県出身。 首都大学東京卒業。 

職種:事務職

大学時代から心理学や東洋哲学を学び始める。 
ストレス社会にある中で、ぶれない“人生の¬指針”を学び、 多くの人と共有したいと「目からウロコの東¬洋哲学」という 社会人サークルのスタッフを務める。 <ご参加にあたって>

• 特定の思想を押し付けるものではありません。どなたでも参加していただけます。

• ネットワークビジネスや宗教などの勧誘目的での参加はご遠慮ください。

• 定員に達し次第募集を締め切りますので、関心のある方はお早めにお申込み下さい(*^^*)



開催場所

Grin space東京都東京都千代田区外神田2丁目2-18 東信お茶の水ビル 1F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
勉強会参加 ¥500 終了
募集期間:〜2017年9月28日(木) 19:30

イベントは終了しました


RSS

終了
イベント参加 2/15