当イベントは終了しました。

復興のまちづくりの現場を訪ねる旅 被災地応援ツアー2015

2015年11月27日(金) 10:002015年11月29日(日) 16:30

復興のまちづくりの現場を訪ねる旅 被災地応援ツアー2015

震災から4年、ようやく復興計画を具体化する段階に入った釜石を訪れ、人と出会い、地域の魅力を堪能する企画です。地元の漁師さん自慢の鍋をはじめ食事もお楽しみに!

会場 【集合・解散場所】仙台駅東口バスプール
住所 宮城県仙台市 青葉区中央1丁目1-1 仙台駅東口バスプール    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 あおぞら財団    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

東日本大震災から4年経ちました。被災地ではこれまで、まちをどのように復興するか―津波の心配のない高台にまちごと移転するのか、あるいは高い堤防をつくって土を2メートル盛って街全体を高くすることで津波に備えるのか―、話し合いを重ね、ようやく復興計画を具体化する段階に入っています。
写真2
震災後、人口が減ってしまった釜石にいかに活気を取り戻すか。 
本ツアーの現地コーディネーターである「三陸ひとつなぎ自然学校(愛称:さんつな)」は、
震災後、釜石の若者たちが立ち上げたNPOです。 
ボランティア・地元の人・起業家などと一緒に地域の魅力を発掘し、
「地域のために立ち上がり、挑戦する人が多いまち、釜石」を目指し、
新たな試みを続けています。

あおぞら財団は震災後にボランティアとしてつながったご縁を大事に、毎年、被災地を訪れるツアーを企画しています。
今年のツアーは、復興に向けたまちづくりの現場を訪れ、
人と出会い、地域の魅力を堪能し、被災地とつながる人を増やしたいという思いで企画しました。

「被災地のことは気になるけど、どう関わったらいいかわからない・・・」というような方におススメです!
地元漁師さんのこだわり鍋をはじめ、食事も充実!
最終日には、新たに世界遺産に登録された「橋野高炉跡」も訪れます。
お一人からの参加も歓迎です!ぜひご参加ください!!

写真4写真1

日時:2015年11月27日(金)~11月29日(日)
集合・解散:仙台駅東口周辺
 ※集合・解散場所までの移動については各自でご手配ください
 ※添乗員なし(仙台駅からあおぞら財団のスタッフが同行します)
参加費:下記の2コースからお選びください(いずれも2泊6食の費用含む)
・浜辺の料理宿・宝来館2泊コース 38,000円 
・ボランティアセンター1泊体験コース 32,000円
 ※ボランティアセンターの宿泊は寝袋です(無料貸出あり)。もう1泊は宝来館
定員:35名(最少催行人数:30名)
詳細:http://aozora.or.jp/archives/23928 または 
http://www.kenpokukanko.co.jp/tpc/reserve/tpc_tour_det.php?gc=042115110015

【内容に関するお問い合わせ】(申込先は岩手県北観光となります)
あおぞら財団(企画、呼びかけ)
担当 : 栗本
電話番号 06-6475-8885
メール webmaster@aozora.or.jp

【申込先(旅行企画実施)】 
岩手県北観光(岩手県知事登録旅行業務第 2-112号)
お申し込みは下記の岩手県北観光HPから!!
HP http://www.kenpokukanko.co.jp/
電話でのお申し込み 0120-183-705

【現地コーディネーター】 
三陸ひとつなぎ自然学校



開催場所

【集合・解散場所】仙台駅東口バスプール宮城県仙台市 青葉区中央1丁目1-1 仙台駅東口バスプール


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
浜辺の料理宿・宝来館2泊コース ¥38,000 終了
ボランティアセンター1泊コース ¥32,000 終了
募集期間:2015年9月10日(木) 00:00〜2015年11月25日(水) 00:00

イベントは終了しました


フォトアルバム

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 1/35