はじめての在庫管理セミナー(全業種業向け) @東京

2017年1月19日(木) 14:00〜16:00

はじめての在庫管理セミナー(全業種業向け) @東京

不良在庫を減らしたい!会社を利益体質変えたい!アマゾンで1位を獲得した著者が在庫管理のポイントを分かりやすく解説します

会場 大田区産業プラザPiO
住所 東京都東京都大田区南蒲田1丁目20-20 大田区産業プラザPiO 6階G会議室    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 製造業 工場 在庫 収益改善 生産管理 中小企業 経営 不良在庫 コスト削減 改善
事務局 在庫管理改善支援センター    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

思い当たることはありませんか?

次のようなお悩みを持つ会社経営者、工場長様、店長様はいらっしゃいませんか?

  1. 在庫を減らすと欠品するのが怖い・・・
  2. 在庫が減らない・・・
  3. 毎年、不良在庫を捨てている・・・
  4. 勘で発注している
  5. 販売・生産は現場任せ
  6. 営業は在庫を持つことがいいことだと思っている
  7. そもそもどうやって在庫管理をすればいいのか分からない・・・

ひとつでも当てはまることがあれば、要注意です。

在庫管理システムは何も解決してくれません

 

在庫管理システムを入れると、在庫が減る解決をしてくれる。

残念ながらそういう考えを持たれている経営者は多いようです。

システム販売の営業マンも同じことを言います。

しかし、実際には安易な考えで、在庫管理システムを導入し、

在庫情報が全く合わなくなり、調達・生産・販売が大混乱。

ついには、欠品が多発してしまいお客を逃すといったことも

起こります。

在庫管理システムは管理のための単なる道具です。

どんなに高級な包丁を使っても、素人は素人の切り方しかしりません。

システムも同じです。

道具をきちんと扱えなければ、どんなに高額なシステムを導入しても

何も解決にはなりません。

扱う人の在庫管理レベルが低ければ全く意味がありません。

在庫管理システムを導入する前にやるべき事があります。

在庫管理の学びの場を!

生産管理、在庫管理は学ぶ場がありません。

他社の成功事例やトヨタのかんばん方式などを勉強しても

うちには難しいなぁ・・・

うちとは状況が違うなぁ・・・

と考えているのではないでしょうか?

インターネットや本を調べても決め手になるような情報が無く

ますます頭を悩ませることが多いのではないでしょうか?

他社の事例は使えない

 「在庫管理は100社あれば、100通り」

これが私の考え方です。

資金力も、取扱商品も、設備も、人員も、取引先も

全く同じ会社は存在しません。

他社の事例をそのまま自社に応用することは不可能なのです。

在庫管理は基本が大切

在庫管理でまず最初にやるべき事は、

しっかりと基本を身につける事

です。

在庫管理の本質を知れば、他社の事例を見た時に本質に沿って成功の

要因を見極め、自社に応用する力が養うことができます。

当講座、参加者には講師の著書(定価¥1620)をプレゼントいたします。

 

 大量生産・大量消費の時代はもう終わりました

作れば売れる、仕入れれば売れる。

「今までこのやり方でやってきた」

 

少品種大量生産の時代から、多品種少量生産の時代へ

在庫を取り巻く環境はガラッと変わりました。

なのに、企業の在庫管理は何もかわっていません。

現実を知りましょう。

 

多品種・高品質・短納期、海外企業との競争

モノ不足からモノ余りの時代になりました。

今は選択肢が多く、消費者の目も厳しくなり、

商品に対する要求も非常に細かくなっています。

また、海外からの輸入品も増えています。

例えば、フィリピンの賃金は日本円で約2~3万円(大卒)。

約10分の1くらいの水準です。

作業者レベルだと、1日800円くらいです。

海外製品は、「安かろう、悪かろう」のイメージを持たれていると

思いますが、技術と品質の水準はとても高まってきています。

私はフィリピンからの溶接品の仕入れを担当していましたが、

製品の品質は日本製と比較してもそん色がありませんでした。

日本製品には、低価格・高品質・短納期と厳しい条件が

求められています。 

会社の売上を自ら進んで捨てている?

製造業の営業利益率は約3~5%です。

小売業の営業利益率は約5%。

仮に100万円分の不良在庫を捨てると、2000~3000万円分の

売上に相当します。

売上は必死なのに在庫には無頓着、これが資金繰りを圧迫します。

在庫管理は会社経営の要です。

在庫管理を徹底すると、利益体質の会社になります。

 

在庫管理セミナーはこんな方にお勧めです

 

  •  初代は勢いだけでやってきた、今のままでは危ないと思っている2代目経営者
  • 毎年出ている不良在庫を減らしたい経営幹部
  • 在庫が増える現状を何とかしたいや工場長
  • いきなり生産管理、在庫管理を任されて右も左も分からない担当者
  • 顧問先の在庫が多すぎるが、指摘の仕方が分からない会計士、税理士、社労士

 

在庫管理110番のセミナーには「現状では危ない」、「現状を変えたい」と思っている

非常に意識の高い方が参加されています。

 

参加者特典

参加者の皆様には、岡本氏の著書である「経費15%削減 在庫管理術 【基礎知識編】をプレゼントいたします。本書は世界最大の書店であるAmazonで1位(経営工学、中小企業経営)を獲得しました。

読者から次のようなご感想をいただいています。

 私の様なこれから在庫管理をしようという初心者におすすめの書籍です。
ポイントが分かりやすくまとめられており、辞書のように使えると思います。
在庫管理は一人でやると大変なのですが、本書を教科書にして、みんなで「在
庫管理」を理解すると、より一層在庫管理活動が進むと思います。

 

運営サイト

月間約35,000人が見ている在庫管理

に役立つ情報が満載です。

http://shikumika.com/

 



開催場所

大田区産業プラザPiO東京都東京都大田区南蒲田1丁目20-20 大田区産業プラザPiO 6階G会議室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
はじめての在庫管理セミナー ¥6,000 募集中
懇親会チケット 金額(税込) 状態
在庫管理無料相談会 無料 募集中
募集期間:2016年6月6日(月) 00:00〜2017年1月15日(日) 23:59

受付終了


変更履歴

  • イベント名を【はじめての在庫管理セミナー(製造業向け) @東京】から【はじめての在庫管理セミナー(全業種業向け) @東京】に変更しました。2017年1月11日(水) 18:20

RSS

Styary(スタイアリー)
受付終了
イベント参加 5/12
懇親会参加 0/5