当イベントは終了しました。

●請求書などの「スキャナ保存」丸わかり!「e-文書法のスマホ対応とタイムスタンプの実際セミナー」

【好評につき追加開催セミナー】2016年8月26日(金) 14:00〜17:00

現在の「スキャナ保存制度」と、今年さらに拡大・緩和されるデジカメ・スマホ等での適用について解説する他、タイムスタンプ/電子証明書の運用の実際と利点も提案します。

会場 株式会社帝国データバンク 本社
住所 東京都港区南青山2-5-20    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 アンテナハウスセミナー受付係    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

共催:株式会社帝国データバンク、アンテナハウス株式会社

<

問題提起

なぜスキャナ保存が浸透しないのか?

ネック1 タイムスタンプを付与する時間間隔と費用
タイムスタンプの付与については、クライアントと認証局の間で締結される契約条件により、かかる金額が変わります。
その条件とは、タイムスタンプを付与する時間間隔の長短による価格ランクです。付与する時間間隔が短ければ高く、長ければ安くなります。
ネック2 タイムスタンプを付与する時間間隔と作業者の負担
クライアント側の運用方法によりランクが決定されますが、実際の作業者にとってはまどろっこしい以外の何物でもありません。一定の時間がすぎないと、タイムスタンプ処理できないからです。導入するシステムにそのあたりは依存することが多いでしょうが、型にはまらない処理があった場合など、やりにくいことに変わりはありません。
ネック3 検索情報の入力作業
スキャナ保存登録には、「スキャナ保存」の要件を満たすための検索情報の入力を求められます。そういったシステムを導入しない場合、これは作業者が一つ一つ入れなければならず、相当な負担になります。

スキャナ保存を効果的かつ効率的に行うには

セミナー詳細

本セミナーでは、ScanSaveの“まとめ打ち”機能がなぜタイムスタンプ料金を1/10以下にするのか解説するとともに、検索情報の入力負担を軽減させるための効率的な使い方を紹介します。

タイムスタンプ/電子証明書の運用の実際と利点を、電子認証局の一角を担う株式会社帝国データバンク様からデモを交えて解説・紹介してもらうので、この辺りもばっちり把握、理解が深まります。

タイムテーブル

時間 講演内容 担当(敬称略)
13:30 受付開始
14:00-15:30 ご挨拶
プレゼンテーション①
  1. e-文書法(電帳法4条3項)の最新動向
    • 平成27年度緩和詳細
    • 平成28年度スマホ拡大緩和の詳細
  2. 「スキャナ保存」ScanSaveスキャン・セ-ブ(「請求書」等の電子化デモ含)
  3. ScanSave導入事例
  4. ScanSave新ライセンスタイプ:サーバ版の紹介
アンテナハウス株式会社
営業グループ
益田康夫
JIIMA e-文書推進WGリーダー
15:30-15:40 休憩
15:40-16:20 プレゼンテーション②
  • e-文書のキーテクノロジータイムスタンプの実際
  • ビジネス電子証明書の便利な利用提案 (電子署名法の説明)
デモを交えてご案内いたします!
株式会社帝国データバンク
ネットサービス課
小田嶋 昭浩
16:20-17:00 Q&A、その他名刺交換会

開催場所

株式会社帝国データバンク 本社東京都港区南青山2-5-20


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
●請求書などの「スキャナ保存」丸わかり!「e-文書法のスマホ対応とタイムスタンプの実際セミナー」(8/26) 無料 終了
募集期間:〜2016年8月26日(金) 14:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • 会場のURLを【http://www.tdb.co.jp/corp/map.html】から【http://www.tdb.co.jp/corp/corp05.html】に変更しました。2016年8月23日(火) 09:55
  • 開催日名を【公表につき追加開催セミナー】から【好評につき追加開催セミナー】に変更しました。2016年6月24日(金) 10:32
  • 開催日名を【緊急追加セミナー】から【公表につき追加開催セミナー】に変更しました。2016年6月24日(金) 09:51

RSS

終了
イベント参加 51/60