【2017】日本酒が飲める!私の知らないSAKEに会えるイベント(東北編)

【2017】日本酒が飲める!私の知らないSAKEに会えるイベント(東北編)

お酒のおいしい東北でたくさんある酒蔵イベント中心に集めてみました。

投稿者 opaken  opaken
更新日 2017年12月27日(水) 13:18
タグ 東北 日本酒 イベント グルメ フェス まつり 蔵出し 新酒 2018

いくつかの”酒蔵開き”をはしごしても楽しそうですね。

それぞれの酒蔵が思考を凝らした內容のイベントばかりなのでお酒好きにはたまりませんね。


おすすめイベント

しおがま蔵出し新酒まつり
開催日 2017-12-01 〜2017-12-31
開催場所 塩竈市内みやぎ寿司海道加盟店舗
塩竈市の2つの蔵元がこのまつり限定に醸造した新酒を、お寿司と共に楽しむイベント。市内みやぎ寿司海道加盟店舗のみで開催します。お店で料理と一緒に限定新酒を注文された方に、特製おちょこをプレゼント。
東北日本酒フェスティバル | 東北風土マラソン
開催日 2018-03-24 〜2018-03-25  ※両日とも10:00〜15:30(予定)
開催場所 登米市長沼フートピア公園 宮城県登米市迫町 北方天形161番地84
東北日本酒フェスティバル 東北日本酒フェスティバルとは 美しい大地を走る爽快感と東北に根ざす食文化の象徴とも言える日本酒が味わえるイベントです。 「澤乃泉」をはじめとする登米の銘酒のほか、東北各地から数十銘柄が集結。ここでしか飲めない一杯に出会うことができます。 日本酒には、それぞれに物語があります。繊細な技術で醸される日本酒は、その土地のお米、水、空気から生まれます。 そのどれもが美しくなくては、美味しい日本酒を醸成することは出来ません。蔵の歴史、酒造りに携わる蔵人のみなさんの気概とこだわり、3.11の記憶、そして復興への希望… 豊潤な風土とともに、そこから醸される日本酒をお楽しみください。
いいでのどぶろくまつり
開催日 2017-12-01 〜2018-02-28
開催場所 ・がまの湯温泉 「いいで旅館」 ・白川温泉 「白川荘」 ・「ホテルフォレストいいで」 山形県西置賜郡飯豊町
「どぶろく特区」の飯豊町では「どぶろく祭り」期間中、大自然の恵み豊かな美味しい「どぶろく」をお楽しみいただけます。 この冬は、真っ白な田園風景が広がる山形県飯豊町で、まろやかで芳醇な香りの「いいでのどぶろく」をぜひご堪能ください。

『冬のあった回廊』キャンペーン』限定企画 究極の酒つくり「おきたま五蔵会」酒蔵めぐり
開催日 2018-01-19 〜2018-02-28  ※13:30 荒砥駅集合
開催場所 荒砥駅集合 山形県西置賜郡白鷹町大字荒砥甲
山形県南部の置賜(おいたま)地方の蔵元から杜氏5人が集まってできた「おきたま五蔵会」(ごくらかい)。この「おきたま五蔵会」の五つの蔵が、原料米:長井市産出羽の里、精米歩合、酵母、種麹、仕込配合、仕込日程、経過とすべてを同じにして造ったお酒が「伍連者」(ごれんじゃ)というお酒です。違うのは水と杜氏の腕のみという、いわば究極のお酒!! こちらの5つの酒蔵を、冬季間限定で巡ります。各蔵元では、杜氏の酒蔵の説明と試飲が楽しめます。 レトロな雰囲気抜群の「ロンドンタクシー」又は「レトロン」で酒造元を巡ります。 *出発日 平成30年1月19(金)・1月31日(水)・2月16日(金)・2月28日(水)
環鳥海酒サミット2018
開催日 2018-01-27 〜2018-01-28  ※10:00~16:00
開催場所 にかほ市観光拠点センター「にかほっと」秋田県にかほ市象潟町字大塩越大塩越36-1
秋田県と山形県の県境に位置する環鳥海地域。鳥海山の伏流水や気候風土に恵まれ、全国的にも知名度があっておいしいお酒の酒蔵が沢山ある『酒処』! その『酒処』にある酒蔵が一堂に会して行われる贅沢な利き酒イベントが「環鳥海酒サミット」です。 今年は、秋田県由利地域から5蔵、山形県庄内地域から6蔵の11蔵・37銘柄が集結! まさに、環鳥海の"酒"要国"酒"脳会議なのです。
第23回 大山新酒・酒蔵まつり
開催日 2018-02-10  ※酒蔵めぐり:12時~16時/大山新酒を楽しむ会:13時30分~15時30分/大山四蔵元厳選八種飲み比べ:10時~12時
開催場所 大山コミュニティセンター 他 山形県鶴岡市友江町23-71
酒蔵めぐり券をもって・羽根田酒造・渡會本店・冨士酒造・加藤嘉八郎酒造それぞれをめぐります 普段は入れない酒蔵ですが、酒蔵まつり当日は各蔵で搾りたての新酒を試飲することができます 蔵では試飲カップを準備しておりますので、ぜひ蔵元の新酒の飲み比べをお楽しみください
きくのつかさの酒まつり2018
開催日 2018-02-24  ※19時~21時(受付開始18時30分)
開催場所 ホテルメトロポリタン盛岡 NEW WING 岩手県盛岡市盛岡駅前北通2-27
年に一度の菊の司・七福神まつり! 酒造創業1772年、岩手県盛岡市は南部の城下街、紺屋町に蔵を構える菊の司酒造の年に一度の酒宴「きくのつかさの酒まつり2018」を開催いたします。 当蔵は真裏を流れる中津川(なかつがわ)の伏流から湧く水を井戸で汲み上げ、「和をもって酒造りの心とする」をモットーに飲み手・食卓・時間を和ませる“和の酒”を理想とし、程よい酸とふくらみのあるなめらかな味わいを大切にしたお酒造りに取り組んでおります。 まだまだ寒さの厳しい、この日本酒が最も美味しい季節に、新酒はもちろんのこと長期熟成古酒や鑑評会出品用の隠し酒まで、菊の司酒造のお酒をたっぷりと堪能する2時間をお楽しみください。
酒のあで雪見列車
開催日 2018-01-21 〜2018-02-25
開催場所 青森屋~青い森鉄道線 三沢駅 青森県三沢市大字犬落瀬字古間
星野リゾート 青森屋と青い森鉄道株式会社は、冬限定でイベント列車「酒のあで雪見列車」を運行します。 この酒のあで雪見列車は、青い森鉄道の貸切列車内(2両編成)で、青森の地酒や停車駅に関連する「あで(※青森の方言で「つまみ」の意味)」を味わいながら、生演奏の祭りばやしを楽しむことができるなど、特別な内容でツアーをご提供します。 特徴①景色が良い場所では、速度を落として運行 特徴②地酒・珍味・祭りばやしを車内で満喫 特徴③硬券切符とオリジナル切符ホルダー付き 特徴④復路は好きな時間の列車に乗ることができる

※掲載内容は、イベントまとめの記事作成時点にまとめたものです。詳しくは各イベントのページでご確認ください。