一般財団法人ワンネスグループ
一般財団法人ワンネスグループ
団体
依存症回復を支援する団体です。

グループ紹介

日本における現在の「依存症」回復プログラムは、社会復帰に向けて
「集団生活の中で自己管理力を身につける」
「1日何度か行われるミーティング(自分の体験や気持ちを話す)」
「『12ステップ』と呼ばれる治療プログラム」が
主流です。
※『12ステップ』というプログラムについて、現実的に1~3ステップしか行われていない施設がほとんどです。

しかし、「依存」状態から抜け出すために、考え方を変え、新しい価値観を身につけて、
この先の人生をよりよく生きていくためには、それだけでは足りないのが現状です。

ワンネスグループも、当初は同様のやりかたでスタートしました。
でも、なかなか思うように回復しない、効果が出にくいといった現実に直面し、
もっとよい方法はないかと、大学との共同研究や精神医学界がおこなっている
最新の心理療法など、さまざまな方法を研究・調査し、実践する取り組みをはじめたのです。

そんな中で、「依存症」問題においては先進国であるアメリカに
豊富な研究結果と事例があること、実績のあるプログラムが多数存在していることを知り、
アメリカに赴いて、「依存症」回復の現場を訪れ、その効果的な手法を目のあたりにしました。

そこでわかったのは、日本とのレベルの違いです。
回復プログラムの質、回復施設の規模ともに、
日本はアメリカに比べて20~30年遅れている
と言われており、
圧倒的な差がついていることにショックを受けるほどでした。

その後は積極的にアメリカのノウハウを導入。
ハイレベルのプログラムを確実に実施するため、
スタッフをアメリカ研修に派遣して、認定資格を得るなどしています。

特に、急成長するアジアでは、「依存症」が大きな脅威 となっています。

その問題を国際レベルで対処するべく、2009年、アジア各国の協力のもと、
スリランカの首都、コロンボに拠点を置く ICCE(International Centre For Certification
And Education Of Addiction Professionals 米国務省が支援する国際機関)が設置され、
ここでは依存症のプロフェッショナルを養成するための
世界基準の高度なプログラムと認定制度が提供されています。

1950年にアジア各国の発展のために相互間の援助を行う活動として、
コロンボ計画が制定され、その中で、ICCEは、近年大きな問題となってきた
依存症への対処のために、置かれた組織です。

ワンネスグループでは、代表・矢澤祐史が、現在、日本人唯一のICCEによる
国際アディクションカウンセラー認定を取得しています。

この認定資格は、アジア圏はもとより、アメリカでもICCEの
最新プログラムを指導することが可能になるものです。

この度、ICCEからの正式な委託を受け、2015年より、
ワンネスグループが同カウンセラー認定制度の日本窓口として、
世界基準の資格を広げています。

ほかにも、IGCCB(国際問題ギャンブルカウンセラー組織)の認定を取得するなど、
世界的にみても質の高い回復プログラムを順次提供しています。

ワンネスグループが提供している手法には、上記以外にも、NLPインタベンショニスト、
ゲシュタルト療法、ソリューションフォーカス、ファミリーコンステレーション、
ナラティブセラピー、エモーショナルリテラシー(エンカウンター・グループ)、
リカバリー・ダイナミクス、交流分析などがあります。

イベントは見つかりませんでした。


RSS