学校や病院での認知度もまだ低く、午後に徐々に回復する例もあるため、怠けやサボりなどと誤解されやすく回復までの間は親子ともに辛いものです。
同じ境遇の人同士で話すことで、病気の捉え方も変わっていきます。
起立性調節障害のご家族、当事者、学校、医療関係者などのご参加をお待ちしております。
秘密はは守ります。安心してゆっくりとお話しながら情報交換しましょう。