こうとう親子センター
団体
子育て支援ボランティア団体

グループ紹介

 こうとう親子センターは、今の子ども子育て会議の前身の次世代育成行動計画作成地域

協議会に区民の声を反映させるために、小委員会に集まったメンバーが勉強会を重ねて、

「自分たちの手でできる子育てボランティア活動」を始めようとスタートしました。

 

 子育て当事者の情報交換の場、子育て支援者の交流の場、研究・勉強会の場づくりなど

にも取り組んできました。

 

 これらの区民の声を集めて子育て政策に反映させたり、民間の子育て支援の取り組みを

新たに作り出したりする活動は、江東親子センターが最初から目指してきたものです。

 

 そして、「子育てハンドブック」の作成を提言したり、チャイルドラインやママパパライ

ンや「家庭訪問型子育て支援」ホームスタート事業などを行って今日に至っています。

 

 今回の「区民版子ども子育て会議」は。「第1回 夢を語ろう子育てカフェ」と命名しま

した。

 子育て当事者の方々も子育て支援の関係者も行政や企業の方々も一緒になって「江東区が子育てしやすい街になるための夢を語り合う」ことから始めたいと考えました。

 子育て当事者も参加しやすくするように託児室も設けました。

 (隣の会議室を保育室に借りて、ボランティアの方を保育者に依頼してあります)

 5人ぐらいのグループで自由に話し合って「夢を語り合えるように」ワールドカフェの手法を取り入れ、茶菓を用意して、リラックスして少人数で話し合いやすくしました。

 グループに司会者と記録者と発表者を決め、全体会でグループのまとめを共有するようにしました。記録を集約して、子ども子育て会議に提言するようにします。

 

 子育てしやすい街づくりは、人と人との助け合いの関係作りでもあります。自己紹介をして信頼関係を作り、この会が終了した後も連携していく「つながり」「情報ネットワーク」づくりに成長していけるように、「継続」していきたいと思います。

 

 子育て支援の「夢を語り合い」「地域連携」を創り出していく「第1回夢を語ろう子育てカフェ」の取り組みに、こうとう親子センターの理事の皆様方にご協力を呼びかけます。

 

イベントは見つかりませんでした。


RSS