(社)日本パステルシャインアート協会
団体
描いて癒され、見て癒される「パステルシャインアート(PSA)」。インストラクター育成やPSAの普及活動。

グループ紹介

パステルシャインアートは、創始者、江村信一が1995年、東京赤坂のギャラリーで絵本作家の葉祥明さん等と開催した「天使展」で、発表したアートです。


独自なメソッドである15cmの白い正方形フレームにセロハンテープでマスキングして12cmの枠を作る(この大きさは私の長年のアーティスト経験 により、初めての人でも自信を持って描ける大きさなのです)そして、パステルを粉にして伸ばしグラデーシヨンで
ほんわりとしたやさしい丸い光の絵を描く ことをはじめました。

一般的にはこの技法(パステルを削ってパウダーにしてのばす)は絵の背景などに以前から使われていましたが一枚の絵にヒーリングアートとして初めて完成させました。


この年はまさに阪神大地震や地下鉄サリンなど闇の年でした。
その年に、江村は大きな使命を感じ、人に夢と希望を与えるアートを広めることを決意し、シャイン(光、輝き)という名前をつけました。

今も昔も私はこの絵を通じて一人でも多くの人に
喜びと輝きを降り注ぐお手伝いをしていきたいと願っています。

イベントは見つかりませんでした。

RSS

Styary(スタイアリー)