日本インタープリテーション協会
団体
インタープリテーションの普及や向上を目指す団体です。

グループ紹介

私たち、「一般社団法人 日本インタープリテーション協会」は、インタープリテーションの普及や向上と、それを通じて社会に貢献することを目的に、人材育成、ネットワーキング、研究開発などの事業を行なっている団体です。

「日本インタープリテーション協会」は、1980年代の後半に日本のビジターセンター・ネイチャーセンターを先駆的に運営していた人々がつくっていた「ネイチャーセンター研究会」に起源があります。この研究会は、環境教育に関する学会やフォーラム等において、しばしばインタープリテーションの研究集会を行なっていました。その中心人物が故小林毅さんでした。その後、「自然教育研究センター」が1992年に始めたインタープリテーション・トレーニング・セミナーの共同開催や、インタープリテーションに関する種々のワークショップ等を行う任意団体として「インタープリテーション協会」が作られました(1994年)。

1995年には、米国国立公園局(ナショナル・パーク・サービス)とのパートナーシップによる「日米インタープリテーション研修会」をスタート。海外のインタープリテーション関係団体とのネットワークを構築していく方向性に伴い「日本インタープリテーション協会」に名称を変更しました。2015年、法人化し、「一般社団法人 日本インタープリテーション協会」とし、新たな活動を展開しています。

イベントは見つかりませんでした。

RSS

Styary(スタイアリー)
日本インタープリテーション協会 日本インタープリテーション協会 お問合せ
メンバー数 1
開催イベント数 0