なぜ生きるプチ勉強会
なぜ生きるプチ勉強会
コミュニティ
なぜ生きるについて学んでいるサークルです。

グループ紹介

カフェ勉強会では今から2600年前、

インドで、仏教を説かれた

ブッダから、

古今東西変わらぬ

人生の悩みの解決方法を学んでいます。

 

どんな悩み?

 

ブッダの時代と比べ、科学は飛躍的に進歩、

利便と娯楽に囲まれた生活になりましたが、

忙しさでストレスは増すばかり。

 

家庭や職場、学校で、人知れず悩みを抱えて、

悶々としている人は数知れず、

部屋に引きこってしまう人や、

果ては自殺する人まで。

自殺予備軍はいったいどれほどか…。

 

その悩みといっても、

人間関係や、自分の性格や能力、周囲の評価、

漠然とした将来への不安など、

大小さまざまでしょう。

 

自分で考えたり、人生本を買ってみたり、

自己啓発セミナーに行ってみたり、

自分なりにその原因と解決法を探してみよう、

と努力しますが、

明確な解決の糸口が見つからず、

結局何度も同じところを堂々巡り、

そして20代、30代があっという間に過ぎ去って、

気が付けば人生の折り返し地点も通過…。

 

そんなときこそ、ブッダから生きるヒントを

学んでみませんか?

仏教の知識ゼロの方も大丈夫です。

勉強会に参加された方が、

「生きるってスバラシイ!」

未来に自信をもって生きて頂けるような

内容です。

 

葬式や法事で読まれる仏典は、

ブッダが、当時の人達の悩みに対し、

「その悩みの原因はこうだよ」

「こうすれば、苦しみを解決して幸せになれるのだよ」

というメッセージなのです。

 

 昔も今も、インドも日本も、人間の悩みの本質は変わりません。

 

「努力しているのにちっとも報われないのですが

「怒りっぽい自分が我ながらイヤになりました

「自分を分かってくれる人がどこにもいないんです

「大切な人を事故で突然失って立ち直れません

「何の為に頑張って生きるのかが分からなくなりました

 

そんな現代人にこそ、ブッダの知恵が必要とされています。

 

カフェ勉強会では、難しい漢字ばかりで書かれた仏典の内容を、

身近な話題を通して、分かり易く学べます。

イベントは見つかりませんでした。


RSS

なぜ生きるプチ勉強会 なぜ生きるプチ勉強会 お問合せ
メンバー数 1
開催イベント数 2