当イベントは終了しました。

クリエイティブファクトリー うるまの部屋「クリエイティブは毒か薬か」

2016年9月16日(金) 18:30〜21:00

クリエイティブファクトリー うるまの部屋「クリエイティブは毒か薬か」

うるま×遺伝学研究所有田教授による「クリエイティブ」の効能と副作用について、専門分野から切り込みます

会場 三島市民文化会館
住所 静岡県三島市一番町20-5    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 クリエイティブファクトリー事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

三島市民文化会館(ゆうゆうホール)で行われる、クリエイティブファクトリー主催のトークイベント「うるまの部屋」。
この部屋では、「しかと」や「おしりかじり虫」などで有名なアートユニット「うるまでるび」のうるまさんが、三島を中心とした各界で活躍する人々を招いて「クリエーティブ」について意見を交わすトークショーを開催します。

記念すべき第一回の対談相手は国立遺伝学研究所・ 生命情報研究センターの有田正規教授。有田先生は「生物の代謝(メタボロミクス)」を中心に研究を行っていて、「生物にとって毒と考えられているのも、実は体内で毒ではないことも。フグの毒になる物質は、フグの中では毒ではなう、は人間の体内で反応することで毒に変化する。毒自体の存在はない」と話す科学者。

うるまさんもアートについて「多少の毒がないと作品が完成しない。クリエーティブには多少の毒は必要。そのクリエーティブはどのように人に動くのか、一緒に話していきたい」と話します。

なお、今回のうるまの部屋は先着30名の予約制とさせていただきます。今回のトークイベントは小学生以下のお子様も参加OK(小学生以下の場合、保護者との同伴が条件となります)



開催場所

三島市民文化会館静岡県三島市一番町20-5


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
クリエイティブは毒か薬か 無料 終了
募集期間:2016年8月24日(水) 12:00〜2016年9月16日(金) 00:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 残り23