当イベントは終了しました。

『選ばれる研修講師』になるためのアクティブラーニング・マスター講座

2016年3月21日(月) 10:00〜18:00

『選ばれる研修講師』になるためのアクティブラーニング・マスター講座

研修講師はただ講義をするだけでは生き残れない時代になりました。参加者が能動的に学び、成長する場をつくれる、お客様から『選ばれる講師』になる力を身につけましょう。

会場 あうるすぽっと3階会議室B2
住所 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ アクティブラーニング アクティブ・ラーニング 研修講師 ファシリテーター ファシリテーション 体験学習 振り返り アイスブレイク 講師力アップ 学び合い
事務局 株式会社しごと総合研究所    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

企業研修やセミナー・学校教育など、さまざまな学びの場で、
アクティブ・ラーニング』というキーワードが注目されています。

2014年に、文部科学省が『アクティブ・ラーニング』を
小中高の学習にも導入することを打ち出し、
そこから急激に注目を集めるようになったのですが、
じつは企業研修では比較的導入が進んでいる学びの手法です。


※文部科学省の用語集より
【アクティブ・ラーニング】とは?
教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れ た教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、 教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査 学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク 等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。


しかし、

参加者が能動的に学ぶ場をきちんと設計し、実施するというのは、
口で言うほど簡単なことではありません。

企業研修やセミナーでは、
ディスカッション』や『グループワーク』はよく実施されていますが、

では・・・

どのようなディスカッションが学びを深める効果があるのか?
グループワークはどのようなポイントに配慮した設計が望ましいのか?

そうしたことをきちんと理解し、
研修プログラムに導入することができる講師は、じつは多くないのです。

例えば、

アイスブレイクのためにちょっとしたゲームをやったものの
はしゃいでいるのは講師だけで参加者は引いている。

とか・・・

グループワークをやってもらったものの
一部の優秀な参加者が仕切って結果を出してしまい
その他大勢は眺めているだけ。

など・・・

残念な事例は、そこら中で発生しています。


しかも一方で、
eラーニングが発達し、動画教材の充実など、
学習環境は年々向上しています。

一方的に講義をするだけの研修講師は、
参加者の満足度も学習効果も低く、どんどん淘汰されていく流れにあるのです。

この講座では、
そうした一方通行的な講義スタイルを脱却し、
参加者が能動的に学び、成長する場をつくるための方法を身につけ、
高いレベルのアクティブ・ラーニングを実施するための
ノウハウをお伝えします。

当日は、実際にあなたが体験し、さらにロールプレイしてみるという
実践型で内容をお伝えしていきます。

講師として翌日からすぐにでも使えるノウハウとともに、
『人の学びを深める』ための本質的な場作りの知恵の
両方をお持ち帰りいただける講座です。


▼内容詳細
(一部)

・短時間のアイスブレイクで参加者と講師の距離を縮める方法
・参加者が心を開いて、本音でぶつかり合う場を作る方法
・『体験』を『学び』に変えるための振り返り方
・場が活性化する『質問』のつくり方
・意見をただただ言うだけの場を「話し合う」場に変えるには?
・傍観者をつくらない参加者の巻き込み方
・楽しい、ということが学びに与える影響を理解する
・リラックスした場のつくり方
・遊びの効用
・観察のポイント=講師は参加者の何を見るのか?
・消極的、批判的など難しい参加者の受け入れ方
・声の大小、声色の使い分けで場を動かす方法
・介入が必要なタイミングの見極め方と適切な介入方法
・「休憩」の上手な使い方
・ファシリテーターがやるべき休憩中の取り組み
・観察者が場に与える影響 など


▼講師プロフィール

波多野貴史(たこやき)
波多野貴史
(はたの たかふみ)

チームビルディング&ロープスコース・ファシリテーター&トレーナー
関西大学 人間健康学部 非常勤講師

1970年生まれ、大阪府高槻市出身、
エンディコット大学 スポーツマネージメント卒。
20歳からカナダ→アメリカ→ハワイで13年間生活しながら、教育機関・ボランティア等を通じてアドベンチャープログラムなどの野外教育学習を体系的に学ぶ。特にハワイのYMCAでは、複数のファシリテーターのリーダーとして活動。これまでに世界各国のおよそ3600チーム、5万人以上の方々に英語&日本語でプログラム提供をした豊富な経験を持つ。
現在は『tryworld』代表として、米国発の体験型学習教育メソッド「アドベンチャープログラム」を日本で提供すべく全国を奔走中。ニックネームは『たこやき』。

★ tryworld〜米国発の体験型教育学習「アドベンチャープログラム」
http://tryworld.info

★たこやきのメルマガ
https://canyon-ex.jp/fx20034/tryworld


▼こんな人におすすめです

【研修講師、セミナー講師、教員など人の育成に関わる方】
・アクティブ・ラーニングに興味がある
・一方的に教えるのではなく、体験から学ぶ、学び合いができるようになりたい
・場を読む能力、人と関わる能力をアップしたい
・学びを深め、成長を促すための関わり方を身につけたい
・講師としての付加価値を高めたい

【ファシリテーターとして仕事をしている方】
・ファシリテーターとしてのレベルアップを図りたい
・自分のファシリテーションがどれぐらいのレベルなのか知りたい
・さまざまな難しい場面で、どう関わっていけばいいのか知りたい
・周りにファシリテーションを教えてくれる人がいない
・もっと高い価値を提供できるファシリテーターになりたい

【ファシリテーターという仕事に興味がある方】
・チームビルディングやアドベンチャー教育に興味がある
・チーム力を引き出すノウハウを身に付けたい
・チーム作りやメンバーとの人間関係に悩んでいる
・本物のファシリテーターを見てみたい
・チームビルディングを体験してみたい
初心者の方も大歓迎です!

 

▼持ち物、服装など

 筆記用具、動きやすい服装(室内で軽く体を動かします)
*スカート、ハイヒールはNGです。

 

▼タイムスケジュール

09:45 開場
10:00 講座スタート
 |
適宜休憩をとりながら進めます。
(ランチ休憩あり)
 |
18:00 終了

※終了後、自由参加の懇親会を行う予定です。
 詳細は当日お伝えいたします。

講座風景

 <日時>
2016年 3月21日(月・祝)10:00〜18:00(開場09:45)

<会場>
あうるすぽっと3階会議室B2
(東京都豊島区東池袋4-5-2ライズアリーナビル3階)

東京メトロ 有楽町線「東池袋駅」6・7出口より直結
JR・地下鉄・私鉄各線「池袋駅」東口より徒歩10分
詳しくはこちら⇒ http://www.owlspot.jp/access/

<定員>
24名 *集まり次第締め切らせていただきます。

<参加費>
★一般・参加費 54,000円(50,000円+消費税)
メルマガ読者・特別参加費 10,000円(税込)
 ⇒たこやきのメルマガ読者で、かつプログラム終了後に10分程度のアンケートにご協力いただける方が対象です。(たこやきのメルマガ★https://canyon-ex.jp/fx20034/tryworld

<キャンセル規定>
キャンセルのお申し出をされた場合、下記規定に基づいてキャンセル料をいただきます。
・プログラム開講28日前まで: キャンセル料は発生しません。
 *銀行振込のための返金手数料を差し引いた全額をご返金いたします。
・プログラム開講27日〜4日前まで: 参加費の30%をキャンセル料としてお支払いいただきます。
・プログラム開講3日前以内: 参加費の100%をキャンセル料としてお支払いいただきます。



開催場所

あうるすぽっと3階会議室B2東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
一般・参加費 ¥54,000 終了
メルマガ読者・特別参加費 ¥10,000 終了
募集期間:〜2016年3月21日(月) 10:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベントチケット「一般・参加費」のチケット販売枚数を【24】から【0】に変更しました。2016年2月12日(金) 16:45

RSS