当イベントは終了しました。

病気をもつ子どもの「きょうだい」の支援をひろげるための、シブリングサポーター研修ワークショップ

2016年11月19日(土) 10:00〜17:00

病気をもつ子どもの「きょうだい」の支援をひろげるための、シブリングサポーター研修ワークショップ

病気をもつ子どもの「きょうだい」の支援を広げるため、きょうだいの気持ちについて学ぶ講義と、きょうだいのためのワークショップを体験していただく研修プログラムです。

会場 ドーンセンター パフォーマンススペース
住所 大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター 1階パフォーマンススペース    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ きょうだい児 きょうだい支援 小児医療 シブリングサポーター
事務局 しぶたね    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

病気をもつ子どもの「きょうだい」の支援をひろげるための、

「シブリングサポーター」研修ワークショップを開催します。

今回は、記念すべき第1回の研修ワークショップということで、特別に「きょうだい支援を広める会」代表の有馬靖子さんに午前中の講師をお願いしています。日本のきょうだい支援を牽引されている有馬さんのお話をうかがえるチャンスです☆ぜひぜひご参加ください。

■午前の部 10:00~12:00(9:45開場)

定員50名程度 (午前の講義みの参加費は1,000円です)

講義「きょうだいの気持ち」

講師:有馬靖子さん(きょうだい支援を広める会)

特別なニーズのある子どもの「きょうだい」の持ちやすい気持ちについて、講義形式でみんなで学びます。

-----講師プロフィール

1993年からきょうだい支援活動に携わっている。2000年米国きょうだい支援プロジェクトのドナルドマイヤー氏によるシブショップファシリテーター養成トレーニング受講。2001年、2005年とマイヤー氏を日本に招へいし、しぶたねが生まれるきっかけの1つを作る。2004年きょうだい支援を広める会を設立。2007年からきょうだい支援に関する講演活動を始め、現在に至る。

 

■午後の部 13:00~16:30

定員20名 (午前と合せて参加費は3,000円です)

研修ワークショップ「きょうだいの日」を体験しよう!

講師:眞利慎也(しぶたねプログラムディレクター)

※午前中の講義に出席された方が対象になります。
走って笑ってあそびきる、きょうだいのためのワークショップ「きょうだいの日」を大人同士で体験しながら、盛り上げポイントや注意が必要なところ、みんなで過ごす楽しさなどを共有します。動きやすい服装でどうぞ!

 -----講師プロフィール

たねまき戦隊シブレンジャーのシブレッド。2005年ドナルドマイヤー氏によるシブショップファシリテーター養成トレーニング受講。しぶたねの「きょうだいの日」の進行をしています。社会福祉士。

シブリングサポーターは、
「きょうだい」の応援団です。

 子どもが大きな病気になった時…病気のお子さんと親御さんへのサポートの輪は少しずつ広がってきています。では、そのお子さんに「きょうだい(sibling)」がいる時…

きょうだいたちは、小さな身体で親御さんの心配や不安を共有し、さらに孤立感や罪悪感などきょうだい特有の気持ちも抱えることがわかっています。

 たとえ病気が治っても、きょうだいが大人になっても、影響が残ることもあります。例えば「自分は愛されるべき存在ではない」といった考え方の癖や自己肯定感の低さにつながり、生きづらさを抱え続ける大人のきょうだいも少なくありません。
 しかし、きょうだいのサポートについては、必要性は認識されていながら、なかなか広がっていない現状があります。そして、きょうだいの問題に敏感な人ほど「何も出来ていない」という自責感を抱えがちで、孤独に頑張り疲弊してしまうということも起こっています。

 「しぶたね」は2003年より、きょうだいのためのワークショップ「きょうだいの日」を開催したり、病院の廊下で過ごすきょうだいとあそぶ活動を通して、きょうだいたちから大切なことをたくさん教わってきました。大歓迎される経験、「楽しかったー!」と思う気持ちがきょうだいたちの心の土台を育てるのに役立つこと。小さく見えることに実は大きな意味があること。きょうだいたちから大人がいっぱい元気をもらっていること。
 そして私たちの経験やノウハウは、病気をもつ子どものきょうだいや障がいのある子どものきょうだいのみならず、すべての子どものサポートを行う際に、きっとお役にたてる部分があると感じています。


 子どもたちが安心の中で「子ども時代」を大切に生き、自分を大切にできる大人になっていけるように、私たち大人が手伝えることがたくさんあります。みんなで楽しくつながりましょう!

 

このイベントの翌日は、きょうだい支援を広める会主催の「きょうだい支援実践報告会」が行われます。きょうだい支援を広める会は、講師を務めていただく有馬靖子さんが代表をされており、報告会では全国各地のきょうだいのための実践を知ることができますので、ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

https://www.sibs-japan.org/

 

注意事項

・病気や治療で抵抗力が落ちているお子さんと関わっておられる方が多数参加されます。子どもたちの命を守るため、感染予防にご協力ください。開催日1週間以内に、発熱・風邪・下痢嘔吐・目の炎症など感染のおそれのある症状のある場合、ご自宅や職場等でこのような症状の人に接している方は迷わずキャンセルしてください。

・写真/動画撮影は原則禁止とさせていただきます。ご理解をお願いいたします。

・当日、新聞やテレビなどの取材が入るかもしれません。ご了承をお願いいたします。

・昼食は各自ご用意ください。近くにコンビニや飲食店もあります。



開催場所

ドーンセンター パフォーマンススペース大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター 1階パフォーマンススペース


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
午前(講義)のみの参加 ¥1,000 終了
午前(講義)午後(ワークショップ体験)通しての参加 ¥3,000 終了
募集期間:2016年9月19日(月) 09:00〜2016年11月12日(土) 00:00

イベントは終了しました


フォトアルバム


変更履歴

  • イベントチケット「午前(講義)のみの参加」のチケット販売枚数を【50】から【30】に変更しました。2016年9月18日(日) 22:08

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 36/50