世田谷の福祉をとことん語ろう 第5回 〜議論から実践へ「住民主体」の地域包括ケア〜

2017年6月25日(日) 13:00〜16:00

世田谷の福祉をとことん語ろう 第5回  〜議論から実践へ「住民主体」の地域包括ケア〜

「住民主体」の地域包括ケアを世田谷で実現し、世田谷のケア 変えるための「実践」をテーマに、区長の保坂展人さんを交え「区と区民の協働」 の方法を考えます。

会場 成城大学
住所 東京都世田谷区成城6-1-20 大小会議室(3号館3階)    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 「世田谷の福祉をとことん語ろう」実行委員会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

  • 日時 2017年6月25日(日) 13:00~16:00
  • 会場 成城大学 大小会議室(3号館3階) 
    (東京都世田谷区成城6-1-20 ) 
    電車:小田急線「成城学園前駅」から徒歩5分
  • 資料代 500円 

 2014年から回を重ねて5回目を迎える「世田谷の福祉をとことん語ろう」フォーラム。今回は「住民主体」の地域包括ケアを世田谷で実現し、世田谷のケアを変えるための「実践」をテーマに、区長の保坂展人さんを交え「区と区民の協働」 の方法を考えます。

前半は世田谷区と社会福祉協議会から、地域包括ケアの入口である「総合事業と協議体」について、世田谷区がどう取り組んでいるのかを報告してもらいます。それに加え、区内での実践のモデルからの報告を共有します。

後半は、グループワークによる「カフェ型トーク」を行ない、「住民主体」の地域包括ケアへの具体的な参加方法を話し合い、区に提言します。

せたがやの福祉を考える住民、当事者、介護家族、事業者、医療・介護専門 職の方々・・・。そして、各地で地域包括ケアのあり方を考える方々。どうぞ、 ふるってご参加ください。 


 プログラム(敬称略)

  • コーディネーター
    大熊由紀子(国際医療福祉大学大学院教授) 
    中澤まゆみ(ノンフィクションライター)
  • コメンテーター
    保坂展人(世田谷区長)

第一部:現状報告と質疑応答(13:00〜14:30) 

  • 世田谷区、世田谷区社会福祉協議会
    「総合事業と協議体」等の現状と課題
  • 砧地域ご近所フォーラム 
  • 松田妙子(NPO法人子育てひろば全国連絡協議会理事)
  • 質疑応答・区長からのコメント 

第二部:参加者全員によるグループトーク(14:45〜16:00)

  • グループに分かれて、区民参加の実践について語り合い、提言します。
  • グループトークの共有とコメント・総評

団塊の世代が75歳になる2025年に向かって、医療、介護、福祉が大きく変わりつつあります。進むのは医療と介護の効率化と利用者負担、後退するのは社会保障政策。「これから日本はどうなっていくのだろう」と不安をもつ人は多いでしょう。

そのいっぽうで、ケアが必要になっても、住み慣れた地域で最期まで自分らしく暮らし続けられるよう「地域包括ケア」の体制づくりが、各自治体に求められています。しかし、行政、専門職、住民が目的を共有しながらネットワークをつくり、連携・協力する「地域ぐるみのケア」は遅々として進んでいません。

世田谷区が独自の地域包括ケアを打ち出し、子どもから高齢者までが「安心して生まれ、安心して暮らし、安心して死ねる」まちづくりをするためには、私たち区民の声と知恵と、それを聞いて「ともに働く」行政が必要です。

5回目を迎える「とことん世田谷」フォーラムでは、『議論から実践へ「住民主体」の地域包括ケア』と題し、区長の保坂展人さんを交え、私たち一人ひとりが自らの地域で「ケアのまちづくり」と「区と区民の協働」に参加していく実践方法を考えます。

第一部では、世田谷区と社会福祉協議会から、地域包括ケアの入口である「総合事業と協議体」について、世田谷区がどう取り組んでいるのかを、課題を含めて報告してもらいます。それに加え、実践のモデルとして、砧地域で7年間にわたって続けられている「砧地域ご近所フォーラム」と、区との協働で子育てに関するさまざまな活動を行っている「NPO法人せたがや子育てネット」の松田妙子さん(NPO法人子育てひろば全国連絡協議会理事)の報告を聞き、世田谷区の「住民参加」の現状と課題を共有します。

第2部では、参加者全員参加のグループワークによる「カフェ型トーク」で、「テーマをもって地域に入り、世田谷のケアを変えていく」実践のあり方を考えます。

せたがやの福祉を考える住民、当事者、介護家族、事業者、医療・介護専門職の方々・・・。そして、各地で地域包括ケアのあり方を考える方々。どうぞ、ふるってご参加ください。

一緒に考え、提案し、健康とケアの息づく住みやすいまちを、ともにつくりましょう!

  • 主催 「世田谷の福祉をとことん語ろう」実行委員会
    連絡先 : E-mail:setagayatokoton@gmail.com 
  • 後援 世田谷区
  • 協力 成城大学 境新一研究室


開催場所

成城大学東京都世田谷区成城6-1-20 大小会議室(3号館3階)


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
資料代 ¥500 募集中
募集期間:2017年5月17日(水) 00:00〜2017年6月24日(土) 12:00

イベント募集:9/90

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


変更履歴

  • 定員を【200】から【90】に変更しました。2017年5月18日(木) 17:15
  • イベントチケット「資料代」のチケット販売枚数を【200】から【90】に変更しました。2017年5月18日(木) 17:14

RSS

申込可能
イベント参加 9/90