第6回 プロデュース研究講座 ~ プロデュースの必須要素「他人実現」とリテラシー(仮題)~

2017年7月7日(金) 18:30〜20:30

第6回 プロデュース研究講座 ~ プロデュースの必須要素「他人実現」とリテラシー(仮題)~

様々な業界のプロデュース事例や理論を研究することで、プロデュースとは何か、産学連携を真の成功に導くにはどうすればよいかを考えていくシリーズ講座です。

会場 政策研究大学院大学
住所 東京都東京都港区六本木7-22-1 1階会議室1C    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ プロデューサーシップ プロデュース プロデューサー 産学連携 イノベーション 地域活性化 研究・イノベーション学会 ZESDA
事務局 研究・イノベーション学会 イノベーションフロンティア分科会 NPO法人 ZESDA    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

※研究・イノベーション学会内にプロデュース研究分科会の発足に伴い、「プロデューサーシップ論講座」から「プロデュース研究講座」と改称しました。

【開催趣旨】

IOT、人工知能の研究・技術開発の応用が急速に進んでいる中、日本やグローバル世界の経済・産業・生活構造は想定を超えるスピードで変革しており、これまで日本の中小企業を支えてきたサプライチェーンは崩れ、研究開発~事業化・生産~市場化までの時間とプロセスが大きく変化しつつあります。こうした状況下、変化に対応出来ない企業や大学は存続が危ぶまれる危機に直面しています。今後とも平和で豊かな国や地域の発展を持続するためには、多くの人材がイノベーション気質を備え、チャレンジできる社会構造にすることが求められています。「望む社会を目指して具体的なミッションをもち、そのミッションを実現するため、必要な人材と連携・融合しつつ、現状の課題から出発し、実現していく手法を備えたプロデユース人材」の必要性・重要性が増しています。当講座では、こうした危機意識・目的意識をもつ産学官民の方々と講演・ワークショップを重ねる中で、「プロデューサーのあり方研究」と世代を超えて「プロデューサー人材の知見と経験の伝授」、「お互いに協創出来る人財のネットワーク化」を目指します。

 

【プログラム・講師ご紹介】 

講演1:18:30~19:15 「イノベーションの本質:他人実現のプロデュース」

講師:田辺 孝二 様(東工大名誉教授、同環境・社会理工学院特任教授)

経歴:京都大学理学部卒業後に当時の通商産業省に入省。シンガポールへの赴任、中国経済産業局長、調査統計部長等を歴任され辞職。島根県民ファンド代表などを経て、東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科(MOT)教授に就任、今春定年退職。2003年東工大大学院社会理工学研究科博士後期課程修了、学術博士(東工大)。

 

講演概要:イノベーションは社会的課題を解決し、多くの人の喜びを実現する「他人実現」が本質であり、ビジョン、パッション、アクションが重要であり、さらにはグローバルな視点が重要とのお考えです。東工大MOT大学院では、学生が参加するビジネストリップをプロデュースされ、シリコンバレー、シンガポール、中国、台湾、ベトナム等を毎年訪問して、講義だけでなく、グローバルなイノベーションの現場を学生が体験できる貴重な機会を提供されました。行政・大学・地域活動等の豊富なご経験から、イノベーションをプロデュースし、社会を変革していくプロデューサーに必要な意識(精神)についてご講演いただきます。

写真1

講演2:19:15~20:00「起業家ネットワークを活かした中国ビジネスとグローバルリテラシーの醸成」

講師:永野 剛 様(株式会社リテラシーズ元代表取締役社長、認定NPO法人東京都日中友好協会理事、某通信社テレビフォト部)  

経歴:中華人民共和国西安市の西北大学へ留学、流通経済大学卒業後、大企業勤務等を経て、亜細亜大学大学院アジア・国際経営戦略研究科でMBA取得後、(一社)東京和僑会事務局長に就任。その後2014年に㈱リテラシーズを起業。認定NPO法人東京都日中友好協会理事。2017年6月より大手通信社へ勤務し、日本社会のメディアリテラシー向上に努めている。 

講演概要:東京和僑会事務長時代等に海外進出企業経営者等とのネットワークを構築され、日本企業の組織を熟知した上で、2014年リテラシーズを起業され、中国ビジネスなどを展開しておられます。産産連携や学会等を通じた産学連携のネットワークを有効に活用されながらの中国ビジネスのプロデュースや、日本社会のリテラシー向上に向けての取り組みについてご講演いただきます。

写真2

・フリーディスカッション:20:00~20:30

・懇親会 20:30~

 

・お申し込みは「こくちーずpro」よりご登録をお願いいたします。

http://www.kokuchpro.com/event/producership_6/

※当日参加の方でこくちーずproの登録なしの方は参加費+500円となります。

※参加費(資料代)は当日受付にてお支払いをお願いいたします。

※懇親会費は、懇親会会場にてお支払いをお願いいたします。3500〜4000円(予定)

懇親会会場:イルリトローボ(IL Ritrovo)

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13140229/

※複数人数で参加登録される方は、コメント欄に参加される方のお名前をご記載ください。

(当日、入口にてお名前を確認させていただきます。入館証(札)を受け取り中にお入りください。)

※お申込みに関する問い合わせはZESDA事務局(zesda.info@gmail.com)までご連絡ください。

※「プロデューサーシップ®」はNPO法人ZESDAの登録商標です。

※当日のプログラムなどは予告なく変更になる場合がございます、あらかじめご了承ください。

 

主催:研究・イノベーション学会「プロデューサー研究分科会」

 写真3

共催:NPO法人ZESDA(日本経済システムデザイン研究会)http://zesda.jp/

       写真3                             

以 上

 

写真5

写真6



開催場所

政策研究大学院大学東京都東京都港区六本木7-22-1 1階会議室1C


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
会員 無料 募集中
非会員(一般) ¥1,000 募集中
非会員(学生) ¥500 募集中
募集期間:2017年5月26日(金) 17:00〜2017年7月7日(金) 18:00

イベント募集:9/45

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


フォトアルバム


変更履歴

  • 定員を【50】から【45】に変更しました。2017年6月10日(土) 19:53
  • 住所(ビル名・階数)を【1階研究会室1C】から【1階会議室1C】に変更しました。2017年6月10日(土) 19:50
  • イベント名を【第6回 プロデュース論講座 ~ プロデュースの必須要素「他人実現」とリテラシー(仮題)~】から【第6回 プロデュース研究講座 ~ プロデュースの必須要素「他人実現」とリテラシー(仮題)~】に変更しました。2017年6月2日(金) 17:56

RSS

申込可能
イベント参加 9/45