当イベントは終了しました。

[特別講座]パクらない、パクリと言わせないデザインプロセス|生明塾 コピー

2015年9月17日(木) 07:10〜09:00

[特別講座]パクらない、パクリと言わせないデザインプロセス|生明塾 コピー

東京五輪のエンブレムや他の例を参考にしながら、デザインにおける独自性やコンセプト、デザインのプロセスなどをテーマにした、2時間の特別講座。

会場 beez 渋谷店
住所 東京都渋谷区渋谷2-22-14 渋谷二丁目ビル7F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ デザイン グラフィックデザイン Webデザイン CI VI 企画・制作 広告 PR
事務局 AZM Design    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 生明塾 by AZM Design

イベント詳細

佐野研二郎氏がデザインを担当した2020年東京オリンピックのエンプレム作品が、とうとう使用中止という結果に至ってしまいました。

本件では、これまでに…
1. ベルギーのデザイナーから、「盗作」だと主張され仕様の差し止めを要求され…
2. 模倣を否定する説明をするも、説得に失敗し…
3. 他の販促キャンペーンの案件で、他者の画像などの盗用が発覚し…
4. とうとうベルギーのデザイナーから訴訟を起こされ…
5. 過去の他案件での盗用を疑う声が、インターネットを駆け巡り…
6. エンブレム審査委員代表の永井一正さんから制作経緯の説明や、原案を公表をするも…
7. その原案すらも、他の作品からの疑義がかけられ…
8. エンブレムの内部向けの使用例では他者の画像の無断盗用が発覚、それが決定打となり…
使用中止として取り下げとなりました。

本件から、これからの制作者や発注者は…
・なぜ、そのような事態になってしまったのか。
・盗作だと言われたら、どのような対応をすればよいのか。
・盗作をしないようにするには、何を気をつけ、どのように制作をすればよいのか。
などを学び、考えることが必要ではないでしょうか。

この特別講座では、他の実例なども参考にしながら「オリジナリティー(独自性)」のあり方と「コンセプト(基本概念)」の重要性、「デザインプロセス(制作方法)」の方法論を考えます。


★ 当講座で学べること ★
・制作物を作る際の、独自性を創出し保つ上での留意点。
・広告やロゴタイプ(CやVI)などを企画・制作する際に必要な、コンセプトの重要性とオリジナリティーの考え方。
・「デザインをする」という行為の本質性。


★ 当講座で得られること ★
・「デザイン」と「制作」の基本的概念の知識
・制作の初期段階で行われている企画に関する基礎知識
・コンセプトメイキングの基礎的知識


★ 当講座の特徴 ★
・コワーキングスペースで、少人数制の座学形式で開催します。
・スライドやWebサイトなどを提示しながら、分かりやすく解説します。



開催場所

beez 渋谷店東京都渋谷区渋谷2-22-14 渋谷二丁目ビル7F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
講演参加費 ¥2,300 終了
募集期間:〜2015年9月17日(木) 07:10

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了