当イベントは終了しました。

【大阪】お釈迦様に学ぶ「なぜ生きる」(アニメ映画上映会)

2016年9月11日(日) 14:00〜16:00

【大阪】お釈迦様に学ぶ「なぜ生きる」(アニメ映画上映会)

お釈迦様の説かれた「なぜ生きる」の答えを、アニメ映画『親鸞聖人と王舎城の悲劇』を通して学びます。

会場 大阪市城東区民センター 4階 中会議室
住所 大阪府大阪市城東区中央3丁目5番45号    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ 大阪 学ぶ 仏教 親鸞 なぜ生きる 家庭 子育て 虐待
事務局 親鸞聖人に学ぶ会(担当者:池部)    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

いじめ・自殺・家庭内暴力・人生の悲劇に泣く人々へ

私たちは何のために、人として生まれてきたのでしょう。
何のために生きているのでしょう。
つらく苦しくとも、どうして生きてゆかねばならないのでしょうか。

この最も大きな人生の疑問に答えられた方が、今日、世界の光と仰がれる親鸞聖人であります。
その親鸞聖人の教えを、アニメーション『王舎城の悲劇』を通して学びます。

* * * * * * * *
約2600年前、インドで最強を誇っていたのは、ビンバシャラ王の支配するマガダ国であった。
ビンバシャラ王は、大王として覇を四隣にふるっていた。
その妃はイダイケといい、艶麗花のような女性であったという。
夫妻は王舎城に住み、何不自由のない暮らしは、幸福そのものと思われていたが、他人には言えない悩みがあった。

ながらく、実子がなかったからである。

世の中には子供のないことを悩んでいる夫婦があるが、とくに権力者にとっては深刻な問題であるらしい。亡きあと権力をうばわれる無念さと、その報復を恐れるからであろう。

威勢を誇るビンバシャラ王夫妻も、寄る年波に前途を思いめぐらせると、心中の不安はひととおりではなかった。悩んだ結果、最高権力者も、占い師にすがるしかなかった。不安はつねに、人を迷わせる元である。

これが悲劇の始まりであった......。



開催場所

大阪市城東区民センター 4階 中会議室大阪府大阪市城東区中央3丁目5番45号


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
【大阪】お釈迦様に学ぶ「なぜ生きる」(アニメ映画上映会) 無料 終了
募集期間:〜2016年9月11日(日) 14:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了