当イベントは終了しました。

第121回 キャリアサポート研究会

2017年9月21日(木) 19:00〜21:00

第121回 キャリアサポート研究会

キャリアコンサルタント、CDA、キャリアセンターなど大学関係の方々、企業の人事採用担当者にとって貴重なセミナーです。

会場 中野区産業振興センター(JR中野駅南口から徒歩5分)
住所 東京都中野区中野2-13-14 2階 セミナールーム1    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ キャリアコンサルタント CDA キャリアカウンセラー 学びと成長 産業カウンセラー キャリア 参加証明書 キャリアサポート研究会 就労支援 学生キャリアサポート研究会
事務局 キャリアサポート研究会事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 特定非営利活動法人キャリアサポート研究会

イベント詳細

 【満員御礼】

 みなさま、お申込みをありがとうございます!

 おかげさまで、満席となりました。

 

なお、次回の第122回キャリアサポート研究会も受付中ですので、お早めにお申込みください。

http://www.kokuchpro.com/event/npo_career_171019

 

 

 2017年9月21日(木)19時から、中野区産業振興センター(JR中野駅南口から徒歩5分)で、キャリアコンサルタントをはじめとする学びと成長、キャリア形成支援に関心がある方向けの「第121回キャリアサポート研究会」を行います。

  第121回定例の研究会は、株式会社ラーニングエンタテイメント 代表取締役 阿部 淳一郎様が、「ありふれた若者の能力を引き出す“教え方”のコツ ―企業でも大学の学生就職相談でも役立つティーチング心理学メソッド-」というテーマでお話いただきます。

  阿部 淳一郎様は、 社会人教育を手がける(現)東証1部上場企業や学校法人の勤務を経て2004年に若手人材開発事業で独立起業。「若手の能力をどう引き出し、戦力化するか」を中心軸に置き、大学での就職支援、企業での採用支援、若手離職防止コンサルティングなどでご活躍されています。

 今回のご講演では、「トップランナーではない普通の若者」の能力をどう引き出すか?という視座に立った「教え方」がテーマです。企業の方にも、キャリア支援者の方にも役立つ再現性のある科学的ティーチングメソッドを沢山の事例とともに体系立ててお伝えいただきます。

  定例のキャリアサポート研究会は、キャリアコンサルタント、CDAはもちろん、キャリアセンターなど大学関係の方々、企業の採用担当者、これからキャリア支援を目指す方にとっても貴重なお話になると思います。

 参加者は先着45名とさせていただきます。

 なお、CDAの方は、JCDA活動への参加証明書(5ポイント)を取得できます。

 研究会は、CDAの方、これからCDAを目指す方、キャリア形成支援事業に興味がある方、有志の集まりですので、どうぞ、お気軽にご参加ください。また、関心のある方にもどうぞご紹介ください。

 特定非営利活動法人キャリアサポート研究会は、会費と寄附で運営しております。

 趣旨に賛同していただける方は、賛助会員になっていただき会費の納入にご協力をお願いします。

 賛助個人会員は、毎月開催の定例研究会が無料で参加できます。

特定非営利活動法人キャリアサポート研究会のWebは、こちらから

 http://www.npo-career.org

 

【第121回 キャリアサポート研究会】

◆日時:2017年9月21日(木)19:00~21:00 

ご講演は19時20分から1時間から1時間30分程度

◆場所:中野区 産業振興センター セミナールーム1

                   (東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口から徒歩5分)

 

◆講演タイトル:

ありふれた若者の能力を引き出す“教え方”のコツ

―企業でも大学の学生就職相談でも役立つティーチング心理学メソッド -

 

 ◆講演者:

  株式会社ラーニングエンタテイメント(http://learning-et.jp/) 

代表取締役 阿部 淳一郎様

 

◆講師プロフィール:

◎『これからの教え方の教科書(明日香出版社):http://amzn.asia/3KUH11w』著者

 

◎社会人教育を手がける(現)東証1部上場企業や学校法人の勤務を経て2004年に若手人材開発事業で独立起業。「若手の能力をどう引き出し、戦力化するか」を中心軸に置き、大学での就職支援、企業での採用支援、若手離職防止コンサルティングなどに従事。

 ◎2014年からサンフランシスコ・シリコンバレーへも事業展開中。

 ◎大学・企業・行政での講演・研修登壇実績は約1500本。コンサルティング実績は超大手からベンチャー・中小企業まで20社以上。

 ◎大学就職支援に於いては、大手メディアの合同説明会における基調講演の登壇や、マイナビTVへの出演なども行っている。

 ◎大学生向け就活本も2冊上梓

・『奇跡の就活術』(KADOKAWA):http://amzn.asia/iclsmIS 

・『「PRするネタがない」と悩んでいる人のためのすごい自己PR作成術』(かんき出版):http://amzn.asia/hiy7lST

 

◎『NHK』『日経新聞』『読売新聞』『日経アソシエ』『週刊SPA』などメディア実績も多数。2017年5月より専門雑誌「人事マネジメント」にて「フツーの若手の能力を引き出す教え方」を連載中。

 

◎早稲田大学教育学部卒。筑波大学大学院(行動科学/ストレスマネジメント領域)修了。保健学修士。CDAなど複数の資格も保有。

 

◆講演内容:

【要旨】

「トップランナーではない普通の若者」の能力をどう引き出すか?という視座に立った「教え方」がテーマです。企業の方にも、キャリア支援者の方にも役立つ再現性のある科学的ティーチングメソッドを沢山の事例とともに体系立ててお伝えします。

 

【詳細】

「何度説明してもわかってもらえない」「やる気を感じられない」「注意しても変わらない」

これらは企業の管理職や、学生を支援するキャリア支援者から、よく出てくる言葉です。

 これらの言葉は「若者の方に課題がある」ことが前提で文脈が形成されている場合が殆どです。

 しかし、本当にそうでしょうか?支援者側には課題はないのでしょうか?

 私がコンサルティングや研修の現場で感じることは、管理職も、教員も、キャリアカウンセラーも、教え方の「上手い人」と「上手くない人」の差が、ものすごく激しいという実態です。

 しかし、こうなるのも無理はありません。日本は、「教え方を体系的に学ぶ機会」が殆どないからです。

 現実として、教え上手な支援者についた若手は、成長し、活躍する人が多いのが(確率論でいうと)実態です。

 だからこそ、私たち、若手の活動を応援する支援者は「教え方スキル」を高めていく必要があると私は考えています。

 今回の研究会では、秀でて優秀だとはいえない「ありふれた普通の若者たち」の能力や意欲をどう引き出すか?という観点での「教え方のコツ」をテーマに扱います。

 講師は、企業での若手離職防止コンサルティングに加え、大学生の就職支援の講演も年間100本以上登壇しており、2冊の就活本も出版しています。

 企業の方にも、キャリア支援者の方にも役立つ形で、沢山の事例を踏まえ、再現性のある科学的ティーチングメソッドを体系立ててお伝えします。

  

◆主催 特定非営利活動法人キャリアサポート研究会

◆協力 JCDA研究会E2   NPO学生キャリア支援ネットワーク

◆対象 キャリアコンサルタント、キャリア支援関係者、教育関係者、採用企業経営者・担当者



開催場所

中野区産業振興センター(JR中野駅南口から徒歩5分)東京都中野区中野2-13-14 2階 セミナールーム1


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
研究会参加 ¥1,000 終了
研究会参加2(締切日: 2017-9-20 12:00) ¥1,000 締切
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会参加 ¥3,500 終了
募集期間:〜2017年9月21日(木) 12:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • 定員を【45】から【50】に変更しました。2017年9月14日(木) 13:25

RSS

終了
イベント参加 44/50
懇親会参加 9/20