新嘗のこころ ~日本の知恵が世界を救う~

2017年11月23日(木) 13:30〜16:30

新嘗のこころ ~日本の知恵が世界を救う~

11月23日は新嘗祭!我が国にとって最も重要な祭祀です。新嘗祭の本質を知ることは、我が国の国柄はもちろん、自分自身のことを知ることに繋がります。

会場 国民会館
住所 大阪府大阪市中央区大手前2-1-2 國民會館住友生命ビル12階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 新嘗祭 勤労感謝の日 神道 神社 稲穂 小野善一郎 馬渕睦夫 古事記 日本書紀 大祓詞
事務局 日本を元気にする古事記のこころ 大阪勉強会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

『新嘗のこころ ~日本の知恵が世界を救う~』

 ~小野善一郎先生と馬渕睦夫先生によるダブル講演のご案内です~

11月23日に執り行われる新嘗祭。天皇陛下が神々に新穀の初穂をお供えになり、五穀豊穣を感謝され、国家の繁栄と国民の幸福を御祈願される最も重要な宮中祭祀で、全国の神社でも祭儀が執り行われます。かつては家庭でも新嘗祭をお祝いしました。
 
神代から続く壮大なテーマが新嘗祭にはあります。新嘗祭の本質を知ることは、我が国の国柄はもちろん、自分自身を知ることに繋がります。
 
神道学がご専門の小野先生には神道の基礎と新嘗祭の概要から、元外交官の馬渕先生には我々を取り巻く現世界情勢の視座から、「新嘗のこころ」についてお話いただきます。

皆さまお誘いあわせの上奮ってご参加ください。 

【講演内容・講師紹介】 (登壇順)

 ◆「新嘗のこころとは」
講師:小野善一郎 
湯島天満宮権禰宜。國學院大学神道学博士。同大学兼任講師。
著書:日本を元気にする古事記の「こころ」、あなたを幸せにする大祓詞、新嘗のこころ 等 

◆「世界情勢から見た神道の重要性」
講師:馬渕睦夫
元駐ウクライナ大使兼モルドバ大使。前防衛大学教授。現吉備国際大学客員教授。 
著書:日本「国体」の真実、国難の正体 他多数

 【日 時】
平成29年11月23日(木・祝) 
13時30分~16時30分 (開場13時00分)

【会 場】 
國民會館住友生命ビル12階 
地下鉄天満橋駅下車3番出口(大阪城方面出口)から谷町一丁目交差点東へ徒歩3分、
京阪電車天満橋駅東出口下車(谷町筋を南へ、谷町一丁目交差点東へ)徒歩6分

【会 費】
税込3,000円(税込)
※当日会場で現金にてお支払いください

★終了後は講師の先生方を囲んで懇親会を予定しています
(2時間程度、参加費の目安:3,500円~4,000円、参加任意)



開催場所

国民会館大阪府大阪市中央区大手前2-1-2 國民會館住友生命ビル12階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
会場にて支払 ¥3,000 募集中
募集期間:2017年8月6日(日) 00:00〜2017年11月23日(木) 13:00

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


フォトアルバム


RSS

申込可能