当イベントは終了しました。

第9回日繊ク協交流会議

2015年12月2日(水) 14:00〜17:35

クリーニングトラブル防止に向け、情報交換・情報共有のためのイベントです。

会場 東京クリーニング生活衛生同業組合 白王ビル
住所 東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル 2階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ クリーニング アパレル 検査機関 消費者団体
事務局 日本繊維製品・クリーニング協議会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

日本繊維製品・クリーニング協議会(角田光雄会長:文化学園大学名誉教授)では12月2日(水)、「第9回日繊ク協交流会議」を開催いたします。

第9回目の交流会議では衣類の快適性・機能性に関する講演と新JIS取扱い表示記号の運用におけるアパレル、クリーニングの取り組むべき課題をテーマにしたパネルディスカッションの2部構成で行います。

平成17年度に始まったクールビズ、そしてウォームビズ、環境問題の意識向上等によって我が国の服装は大きく変化しました。通気性や保温性、軽量化など衣類の機能性が注目されております。今回、第6回日繊ク協交流会議でご講演いただき、参加者から好評の声が多かった文化学園大学の田村照子先生をお招きし、「アパレルの機能性と快適性~研究の現状と課題~」をテーマにご講演いただきます。機能性衣類の試験方法やライフスタイルの変化によって起きた課題等をお話しいただきます。

第2部は「新JIS取扱い表示記号(JIS L 0001)の運用におけるアパレル、クリーニングの取り組むべき課題」をテーマに平成28年12月の施行を前に各業界における課題を共有し、スムーズに対処できるようパネルディスカッションを行います。

プログラム

受付 13:30~14:00

開会式 14:00~14:20

講演 14:20~15:50
テーマ 「アパレルの機能性と快適性~研究の現状と課題~」(仮題)
講 師 文化学園大学 特任教授 田村 照子氏

休憩 15:50~16:00
パネルディスカッション 16:00~17:30
テーマ 「新JIS取扱い表示記号(L 0001)の運用におけるアパレル、クリーニングの取り組むべき課題」


・パネラー
日本アパレル・ファッション産業協会
コンプライアンス委員会・品質管理小委員会 神崎 晃氏
(㈱レナウンアパレル科学研究所 統括担当部長)


クリーニング綜合研究所 所長 小野 雅啓氏


一般財団法人カケンテストセンター 品質保証部 部次長 小野永美子氏


・コーディネーター
日本繊維製品・クリーニング協議会 専務理事 市川 駿

閉会式  17:30~17:35



開催場所

東京クリーニング生活衛生同業組合 白王ビル東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル 2階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
第9回日繊ク協交流会議 参加費 ¥3,000 終了
募集期間:2015年10月15日(木) 00:00〜2015年11月30日(月) 11:15

イベントは終了しました


フォトアルバム


変更履歴

  • 募集終了日時を【2015-11-30 11:59:00】から【2015-11-30 11:15:00】に変更しました。2015年11月30日(月) 11:15
  • 募集終了日時を【2015-11-29 23:59:00】から【2015-11-30 11:59:00】に変更しました。2015年11月30日(月) 11:08
  • 募集終了日時を【2015-11-25 23:59:00】から【2015-11-29 23:59:00】に変更しました。2015年11月24日(火) 13:20

RSS

Styary(スタイアリー)
終了