当イベントは終了しました。

ニッポン教育応援団 第3回シンポジウム

2017年5月30日(火) 17:30〜19:30

ニッポン教育応援団 第3回シンポジウム

「今、学校で何が起きているのか?~教育財源の必要性を考える~」をテーマに、シンポジウムを開催します。

会場 衆議院第一議員会館
住所 東京都千代田区永田町2-2-1    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 ニッポン教育応援団事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

「ニッポン教育応援団」第3回シンポジウム
~子どもたちのための社会を創り、日本の未来を育てよう~

子どもたちが人として当たり前の教育を受け、幸せに育つ社会を目指す「ニッポン教育応援団」では、5月30日、「今、学校で何が起きているのか?~教育財源の必要性を考える~」をテーマに、シンポジウムを開催します。

今、日本の学校では、6人に1人といわれる相対的貧困状態にある子ども、日本語が話せない子ども、発達障害、いじめ、不登校など、困難を抱え、特別な支援を必要とする子どもが増えています。さらに、3年後の新たな学習指導要領の導入に向け、プログラミングやアクティブラーニング、小学校での英語の教科化など、求められる対応は増えています。一方で、少子化に伴って教員の数は年々削減されるなか、教員は長時間労働が常態化しています。

今回のシンポジウムでは、教育現場の現状を聞き、家庭環境に関わらず、子どもたちが当たり前の教育を受けられる環境を整えるためには、何が必要で、その財源はどうするのか、政治、行政、教育、家庭といったさまざまな分野の人たちと、共に考えたいと思います。ぜひご参加ください。


日 時:2017年5月30日(火) 17:30~19:30
場 所:衆議院第一議員会館 多目的ホール(永田町2-2-1)
主 催:ニッポン教育応援団
共 催:(一社)次世代社会研究機構、(特非)コヂカラ・ニッポン
テーマ:「今、学校で何が起きているのか?~教育財源の必要性を考えよう~」
内 容:

1)応援メッセージ:前文部科学大臣 馳浩議員
2)各界からのスピーカーによる現状報告&パネルディスカッション
慶応義塾大学 経済学部 教授 井手英策さん
公立学校教諭 今村ひとみさん
コヂカラ・ニッポン代表
 文部科学省 学校業務改善アドバイザー 川島高之さん
筑波大学附属坂戸高校 教諭 熊谷優一
千代田区立麹町中学校 校長 工藤勇一
NPO法人 Teach For JAPAN CEO 白田直也さん
元財務省 オールニッポン・アセットマネジメント 社長 竹内洋さん
OECD東京センター所長 村上由美子さん
NPO法人 Learning for All 代表理事 李炯植さん
与野党議員(調整中)

コーディネーター:次世代社会研究機構 代表理事 西田陽光


【問合せ先】
 ニッポン教育応援団事務局
  東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル5階  
  メールアドレス:info@kyouikuouendan.org
  ホームページ :http://kyouikuouendan.org/



開催場所

衆議院第一議員会館東京都千代田区永田町2-2-1


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加 無料 終了
募集期間:〜2017年5月30日(火) 17:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベントチケット「イベント参加」のチケット販売枚数を【80】から【100】に変更しました。2017年5月30日(火) 06:18
  • 定員を【80】から【100】に変更しました。2017年5月30日(火) 06:12
  • 募集終了日時を【2017-05-30 17:00:00】に変更しました。2017年5月28日(日) 21:17

RSS

終了
イベント参加 73/100