当イベントは終了しました。

いま、人文学を学ぶ

2016年3月6日(日) 14:00〜16:30

いま、人文学を学ぶ

人文学の学校KUNILABO、開校記念イベント

会場 武蔵野公会堂ホール
住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6番22号    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 教養 文学 講演会 哲学 歴史 人文学 カルチャー 勉強会
事務局 国立人文研究所    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 国立人文研究所

イベント詳細

2016年4月、東京都国立市に新しい人文学の学校が開講します。

グローバル化が進むなか、直接職業に結びつく教育や、すぐに成果や答えの見える知が重んじられる傾向にあります。そのような知や教育とは対極にあるかのような人文学は果たして、本当に「無益」なものなのでしょうか。人文学は長い歴史のなかで、人間の営みを深く見つめてきました。人文学を学ぶことは、人間について深く学ぶことです。私たちが設立しようとしている学校KUNILABOは、市民と研究者をつなぎながら私たちの社会のなか、私たちの生活のなか、私たちの心のなかに人文知の学びの場を創りだそうというものです。

KUNILABO開校記念として開催する本イベントでは、作家の高橋源一郎氏をお迎えし、人文学の持つ可能性と、今の社会において人文学を学ぶ意義について考えてみたいと思っています。


14:00〜15:00 高橋源一郎氏講演「教育の「再定義」に向けて」

15:15〜16:30 講師による模擬授業(哲学、文学、歴史)

・ヘーゲル哲学入門(大河内泰樹・一橋大学大学院教授・国立人文研究所代表)

・『人魚姫』を読む(中丸禎子・東京理科大学理学部第一部教養学科講師)

・「難民問題」からさかのぼって考える東ヨーロッパ近代史(秋山晋吾・一橋大学大学院教授)


事前振込チケットをご予約の方は、予約が完了した後、以下の口座にお振込をお願いします。

三井住友銀行 国立支店(店番号:666)
普通 8117608
名義:国立人文研究所 代表 大河内泰樹

(クニタチジンブンケンキュウジョ ダイヒョウ オオコウチタイジュ)

 



開催場所

武蔵野公会堂ホール東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6番22号


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
当日精算 ¥1,500 終了
事前振込(締切日: 2016-3-4 00:00) ¥1,500 締切
募集期間:〜2016年3月5日(土) 23:00

イベントは終了しました


フォトアルバム


変更履歴

  • 募集開始日時を【2016-03-05 23:00:00】から【】に変更しました。2016年3月5日(土) 22:51
  • 募集終了日時を【2016-03-05 23:00:00】に変更しました。2016年3月5日(土) 22:51
  • 募集開始日時を【2016-03-05 23:00:00】に変更しました。2016年3月5日(土) 22:50

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 残り300