当イベントは終了しました。

第17回ことこと@池袋

2016年5月28日(土) 15:00〜17:00

なかなか普段話せない、恋愛のこと、性のこと、セクシュアリティのこと、じっくりことこと話したり、聞いたりしてみませんか。

会場 みらい館大明内ブックカフェ
住所 東京都東京都東京都豊島区 池袋3-30-8 1階左つきあたり    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ LGBT セクシュアリティ 交流会 対話 多様性 ダイバーシティ
事務局 Queer&Ally    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ ことことすたっふ

イベント詳細

「じっくりことこと」
「ひとりひとり違った個と個と」の対話の場を。
LGBTsもそうでない人もいっしょに過ごせる場を身近に。

 

 そんな未来に向けて昨年の1月から月1回開催してきました。
今回のことことは5月28日(土)に池袋で開催します。
会場は元小学校の図書室をリノベーションしたブックカフェです。

初めての方も話しやすくなるようにアイスブレイクや、
スタッフが選んだスイーツを食べる「おやつタイム」もあります٩( ᐛ )و

話しやすいように4.5人ずつのグループに分かれてお話します。
途中で席替えや17時〜18時以降のフリータイムもあるので
少なくとも5人とはお話できると思います。

「ことこと」では「話すテーマ」ではなく「ハナシのタネ」を用意してます。
そこからハナシのタネがどう育っていくかはみなさん次第!
どんな風にタネが育っていくかはそのときになるまでわかりません\('ω' )/
申し込み時にそれぞれのハナシのタネで
話したいこと、聞きたいこと、思うことを記入できます。
(記入いただいたものは当日の参考資料としてつかわれます。)
当日はその時のコメントを見ながらもお話するのできっと
「何を話したらいいのかな」ということなく、お話ができるはずです。
過去の参加者さんからも「ハナシのタネがあって話しやすかった」という感想も頂いてます。

※はなすときのフロアルールは一番下にあります。
安心して楽しく過ごせる会のためにみんなで守りましょう!

 
なかなか普段話せない恋愛のこと、性のこと、セクシュアリティのこと 
それらを含めたいろいろな、ちっちゃなことから、
ちゅうくらいなこと、おっきなことまで
じっくりことこと話したり、聞いたりしてみませんか。

「参加してみたい!」という人は、こくちーずの申し込みで登録完了です!
申し込みページ:http://www.kokuchpro.com/event/kotokoto17/


====5月のハナシのタネ====
①「異性」を意識しますか? 
②「友人」と「恋人」の境界線は?

フリータイムに参加自由の第3のハナシのタネを用意しています。

③「ポリアモリー(ポリアモリーについての文章を読みながら)」

===スタッフコメント===
ミーティングの時に出てきた考えや気持ちはこんな感じ。

①「異性」を意識しますか?

・異性がいたほうがいいなと思うときはある。同性だけのノリや同調圧力が苦手なときがあるから。
・「異性」「同性」というよりは「恋愛対象かどうか」。
・「こちらから意識してる」というか「相手から何に属しているのか見られている」という意識はある。それは性別だけじゃなくて、職業だとか、出身だとか、血液型とか。
・LGBTsの交流会とかに参加すると「異性って何?」ってなるから意識しなくなる・
・自分の感覚では男も女も、異性であり、同性でもある。
・共学じゃなくて、男子校、女子校のほうが性別で区別するということがないので性別違和の点で楽だったり。
 
 

②「友人」と「恋人」の境界線は?

・自分が想っていることを自由に相手に伝えられるか。「この人には何を話しても大丈夫だろう」と思えなければ付き合うことは難しい。
・「別れる」「別れない」があるか。友達はケンカしたり、疎遠になっても、また次に合って話すことができるけど、恋人とはそうはいかない気がする。それぐらい関係がガラリと変わる。
・「好き」と「付き合いたい」は別。恋人より好きな人がいても、その人と必ずしも付き合いたいかと言われるとそうではない。
・心臓が騒ぎ出したら恋愛感情。
・「赤と青の境界線はどこ?」と聞かれるのと同じくらい困る。紫のどこかが境界線なんだろうけど、それは線じゃなくてグラデーション。
 


===こんな意見も===
①「異性」を意識しますか?

・力仕事をしているときに男性から「これは自分がやりますよ!」と言われると性別を感じる。女扱いされてんなーって。
 ・いろんなセクシュアリティの人といても特に気にしないけど、トイレや温泉などで別々になると「あっ、そうだった」ってなる。

②「友人」と「恋人」の境界線は?
・「セフレ」という言葉があるように、性行為の有無は友人・恋人関係ない。
・恋人になったとたん所有されるような扱いされるのが嫌。

 いろんな感じ方、考え方があると思います。
自然と言葉になるような空間でいっしょにお話できたらと思います。


====日時、参加費など====
■日時:2016年5月28日(土)15時〜17時
   (終了後もそのまま会場で18時までは自由に過ごせます。)

■場所:みらい館大明ブックカフェ 建物入って左奥です
 会場HP:http://bit.ly/1EaKJz0

※当日は東京メトロ池袋駅のC1出口(西口側のマルイ方面)で14:40に集合、14:45移動開始します。
(レインボーフラッグを持ったスタッフがお待ちしています♪
迷われる方も多いので不安な方はごいっしょしましょう!)
直接ブックカフェに来ていただいてもOKです!

■参加費:
・18歳以下の方⇒無料
・学生や、今月はお金に余裕がない方⇒500円
・その他の方⇒1000円

■参加人数:10人程度
申し込みページ:http://www.kokuchpro.com/event/kotokoto17/

====LGBTsとは・Allyとは====
L・・・レズビアン
G・・・ゲイ
B・・・バイセクシュアル
T・・・トランスジェンダー
の頭文字を集めたものです。

LGBTsの「s」はLGBT以外の「多様な性」を表しています。
LGBTに限らず性別や恋愛などで世間の感じ方や考え方と違う、
違うのかもと思ってる方も含みます。
LGBTかもしれない、なんて表現すればいいかわからないという方ももちろん歓迎です。

Ally(アライ)は「理解者、支援者」という意味ですが、
Queer&Allyとしては「いっしょに生きていきたいと想っている人」という意味で使っています。

====会場説明====
ブックカフェは豊島区とNPOみらい館大明の2者で
「若者支援事業」の一環として運営されている場所です。
ブックカフェは多様な人が集まる場です。

「いろんな人がいてもいい」し、「そもそもいろんな人がいる」。

ブックカフェではイベントのときでも
「あえて仕切らない」ということをしています。

LGBTsを知らない人も、
LGBTsの人と会ってみたいという人も大歓迎です。
そんな、「多様な人」と関わりやすい空間だと考えています。

====フロアルール====

1.違いを楽しもう
⇒人が自分と違う意見を持っていても否定せずに、

いろんな人がいることを前向きに考えましょう。
いろいろな考えがあります。「正しい、間違い」「よい、悪い」ではなく、
「腑に落ちるか、しっくりくるか、もやもやするか」そんな感じで
話せたらと思います。

2.長い目で考えよう
⇒人と人が仲良くなるのは、いつのタイミングか分かりません。
すぐに仲良くならなくてもOKです。

3.秘密は守ろう
⇒知らないところで勝手に自分の話されると安心して話せないですよね。

4.失敗することもある
⇒人それぞれ話たくないこと、触れられたくないことは違います。
不快な思いをさせるつもりがなくても、
つい口にした言葉が傷つけてしまうこともありますが、
それを恐れて何も言わなくなる必要はありません。
お互いを知り、次に同じ失敗しないように意識できたらと思います。

5.”No”もOK
⇒話したくないことがあれば話さなくて大丈夫です。

6.対話をしよう
⇒一方的に話すのではなく、いっしょにいるみんなの話もききましょう。
キャッチボールするようにお話ししましょう。
沈黙するときもあるかもしれませんが、いろいろ考えてることもあるので
あせらずにゆったりと過ごしましょう。


開催場所

みらい館大明内ブックカフェ東京都東京都東京都豊島区 池袋3-30-8 1階左つきあたり


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
高校生以下 無料 満席
大学生 ¥500 満席
今月お金に余裕のない方 ¥500 満席
その他 ¥1,000 満席
募集期間:〜2016年5月28日(土) 13:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 満席