当イベントは終了しました。

かで×へむり。「一人ひとりを想いをカタチにすること」@なにげない幸せ写真展

2016年10月30日(日) 14:00〜16:00

かで×へむり。「一人ひとりを想いをカタチにすること」@なにげない幸せ写真展

「やりたいこと」を、「できること」へ変えるヒントって?「夢は叶えられる!」という生き方のヒントは、あなたの未来を変えるかもしれません!

会場 谷六village(たにろくヴィレッジ)
住所 大阪府大阪市中央区上本町西3-3-5    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ シリア 難民支援 Piece of Syria なにげない幸せ写真展 国際協力 へむり カンボジア 学校建設 出版
事務局 Piece of Syria    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ Piece of Syria

イベント詳細

仲間と一緒に、途上国で学校建設をしてみたい。
旅の思い出を、写真展にしたり、出版してみたい。

そんな「やりたいこと」を、「できること」へ変えるヒントって?

英語ができなくても、建築の知識がなくっても、
旅の仲間と、現地の人たちと、想いのこもった教育支援をしてきた、かでくん。

アラビア語という未知な世界に投げ込まれ、医学の知識もないのに、母子保健プロジェクトに関わり、
「地域に密着した活動をしている日本人」として現地の新聞にも載った、へむり。

そんな2人が語る「夢は叶えられる!」という生き方のヒントは、あなたの未来を変えるかもしれません!

難民の状況にも詳しい2人が話す、世界の話も必聴!


【こんなあなたにオススメ】
・旅が好き!旅の話が好き!
・身近なところからできる国際協力を探してる!
・やりたいことがあるから、背中を押してほしい!
・面白いことが好き!ワクワクする人生を歩みたい!
・難民問題について、もっと知りたい!



【日時】10/30(日)14:00-15:45
 14:00-14:35 へむり。「協力隊の仕事は帰国してから始まった」
 14:35-15:20 かで「一人ひとりを想いをカタチにすること」
 15:20-15:45 クロストーク(会場からのQ&A)
 
 
【日時】10/29(土)14:00-15:45
 
【場所】谷六village(たにろくヴィレッジ)
会場は、10/23-31の期間中、「なにげない幸せ写真展」を実施しております(入場無料)。
 
【参加費】1000縁 (シリア支援のため、使わせていただきます)
 
 【講演者プロフィール】

●加藤 大地(かで)

1979年、東京生まれ。
国連UNHCR協会関西エリアマネージャー、カンボジア学校建設イキイキスクール&幼稚縁建設代表、PoLePoLe出版代表、GreatLuckFes2017企画運営代表
 
愛方ぐりこと29才で結婚し、30才より53ヶ国約3年に渡る世界一周ハネムーンに出発。
その旅中、もともと大好きだったカンボジアに旅人180人&現地の大工さんと「IKI IKI SCHOOL」という小さな小学校を建設。
この時「旅人スタイル」と呼ばれる現地密着型の建設スタイルを確立。
また、旅人50人で作る「tabibon」を企画・出版。
 
帰国後はイベントや学校で講演活動や、写真展、ブース出展などを行いながら「tabibon2」を出版。
2014年にはカンボジア幼稚縁建設1000縁プロジェクトを企画。
総勢1567人の支縁者と364人の旅人ボランティアと一緒に、クバール・チャーム村にIKI IKI幼稚縁を建設。
2015年には3989(さんきゅーパーク)プロジェクトを立ち上げ、IKIIKI幼稚縁の校庭に公園を建設。
 
大阪ではスタンプラリー写真展「旅と写真と、」を企画し、旅に縁のあるお店6店舗と2ヶ月に渡る合同イベントを開催。
2015→2016年末年始にはカンボジアで年越しパーティー&IKI IKI SCHOOLとIKI IKI 幼稚縁での運動会を開催。
 
2016年はPoLePoLe出版を設立し「旅のじかん」を出版、GreatLuckFesの企画運営代表に就任し、「あなたの未来が変わる素敵な出会いがありますように」をコンセプトに来年3900人規模のフェスを作ります。
TED×Shinshuに登壇決定。
 
また「旅」「幸せ」「夫婦」をテーマに講演を通して1人でも多くの人にイキイキLifeを送ってもらえるよう、一つ一つ丁寧に優しく届け続けていこうと思っています。
 
 
 
 

●へむり。(中野 貴行)

Piece of Syria 代表
 
大阪生まれ大阪育ち。英国留学、中東一人旅、フィリピン貧困地区支援のインターン、協力隊、シルクロード横断仕入れ旅、シリア難民を訪ねる旅など、主にアジア・中東・ヨーロッパなど、39カ国と地域を周る。
 
2008年-10年 シリアにて、青年海外協力隊として母子保健の活動へ。帰国後は、Tabippoなど旅系のイベント、戦争・イスラムに関する勉強会や市民講座、新人研修や小中高大の学校でのキャリア教育で講師として活動。
 
仲間とシェアハウスを梅田で始める。シェアハウス内外で、のべ5000人以上を巻き込んで「大人が楽しくないと、子どもも楽しくない」という信念の元で、交流イベントやトークライブイベントを実施。
 
2015年-16年 期限を決めずに世界半周の旅へ。母とのヨーロッパ旅行、婚約者の住むガーナ滞在、ヨルダン、トルコ、イラク、ドイツ、スウェーデンなどを訪問し、シリア難民・難民支援団体など100人以上から話を聞く。
 
「何ができるのだろう?」と考えた結果、「平和な頃のシリアの田舎を知り、紛争後に各地で生活するシリア人を訪れた唯一の日本人」として、講演活動・写真展を行ないながら、最も支援が入りにくいシリア国内への教育支援の活動を行なう「Piece of Syria」を立ち上げ、現在クラウドファンディングに挑戦中。
 
 
 
【主催団体】Piece of Syria
「ひとかけらをひとつなぎに」をコンセプトに、シリアの平和を目指して、一人ひとりのチカラが発揮できる世界を目指して、2016年5月に設立。
紛争により、パズルのPieceのようにバラバラになってしまったシリアを、再びPeaceにしていくため、シリア国内の教育支援と平和教育活動を行なう。
 
困っているからではなく、友人としての支援活動のため、現在、クラウドファンディングに挑戦中。
 
 


開催場所

谷六village(たにろくヴィレッジ)大阪府大阪市中央区上本町西3-3-5


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
講演会参加 ¥1,000 終了
募集期間:〜2016年10月30日(日) 14:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/30