当イベントは終了しました。

ぷるすあるはの『チアキの感覚過敏を探検』

【受付18:15〜】2016年9月17日(土) 18:30〜20:30

ぷるすあるはの『チアキの感覚過敏を探検』

聴覚過敏や触覚過敏、視覚過敏など、まだあまり知られていない感覚過敏。チアキの体験談とみんなのあるあるの工夫を共有します。絵本発刊1周年イベント。

会場 武蔵浦和コミュニティセンター
住所 埼玉県さいたま市南区別所7-20-1 (JR武蔵浦和駅 徒歩2分)    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 ぷるすあるは事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

子どもの気持ちを知る絵本③『発達凸凹のボクの世界─感覚過敏を探検する』
プルスアルハ著(お話と絵:チアキ)ゆまに書房 発刊1周年イベントです。

内容 前半:チアキの感覚過敏と工夫 後半:感覚過敏別にあるあると工夫をシェア
絵本の販売あります

ぷるすあるはのSNSでもいつも反響の大きい感覚過敏。まだまだ知られていないけど、日常生活への影響も大きい感覚過敏。発達障害や発達凸凹に伴うことも多く、こだわりやパニックの背景にあることも。工夫や知恵を共有したいと思います。感覚過敏持ちの方、感覚過敏っ子のサポートをされている方。感覚過敏のない方も歓迎です。ご参加をお待ちしています。

感覚過敏対策グッズをお持ちの方は、ご持参ください。途中の会場の出入りは自由です。【お願い】香水などの香りの強いものはお控えください。

***

*感覚過敏のチアキからひとこと

『子どもの時から、思えばいろいろな工夫をしていました。
触覚過敏とは思いもしませんでしたが、洋服のこだわりはすごく、気に入った洋服しか着ませんでした。新しい洋服を着ていくように怒られるので、とりあえず言われた服を着て、家を出たらすぐ気に入った服に着替えていました。上履きの締め付けも嫌いで、ゴムをひたすら伸ばして履く、帽子のゴムは切ってなっかたことに、ブルマは忘れていくなどなど、いろいろしていました。
今の工夫は、洋服は必ず試着する、タグは縫い目から外す。は日常すぎて当たり前になっています。
ほかにも、視覚過敏、嗅覚過敏、聴覚過敏などあります。つづきの話は当日会場で。お待ちしています。──チアキ』

*ぷるすあるは/プルスアルハ 

精神科のNs(チアキ)とDrを中心に絵本やウェブサイトなどのコンテンツ制作と普及活動を行っています。中心テーマは精神障がいなどをかかえた親とその子どもの応援。http://kidsinfost.net

コラム『みんなの感覚過敏たくさん集まりました〜』SNSで募集した感覚過敏エピソードを紹介しているコラムです。自分だけじゃないのか、、、このことが苦手な人がいるのか、、、など理解が深まれば嬉しいです。



開催場所

武蔵浦和コミュニティセンター埼玉県さいたま市南区別所7-20-1 (JR武蔵浦和駅 徒歩2分)


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加費 ¥500 終了
募集期間:〜2016年9月17日(土) 18:30

イベントは終了しました


フォトアルバム

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 12/20