当イベントは終了しました。

【定員30名】更年期のHRTと鍼灸連携研究会

2016年11月19日(土) 19:00〜21:00

更年期と加齢のヘルスケア学会 神奈川支部主催のHRTと鍼灸間連携の可能性を検討する会です

会場 かながわ県民センター
住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 HRTと鍼灸連携研究会事務局( 野溝雄輔 ハプラス鍼灸院代表 )    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

更年期と加齢のヘルスケア学会 神奈川支部主催の勉強会
「更年期におけるHRTと鍼灸連携研究会(仮称)」です。
HRTは「ホルモン補充療法(Hormon Replacement Therapy)」の略称です。

『NPO法人更年期と加齢のヘルスケア学会 神奈川支部』では、
多業種間の連携深め、更年期女性の症状軽減の可能性を探るため、
2016年11月より「更年期におけるHRTと鍼灸の研究会(仮称)」を
設立することとなりました。

女性の誰もが一度は通る更年期。症状に軽い・重いの程度の差はあれども、
更年期は体調の変化が出やすい時期であり、女性の一生をサポートする鍼灸師にとっては
ぜひ知っておきたいテーマでもあります。

更年期の症状はホットフラッシュだけではなく幅広く多岐にわたる症状が現れる、
ということや、ホルモン補充療法(HRT)のメリットとデメリットなど、
目の前の患者さんを救えるかもしれない知識がたくさん学べます。

なお、メノポーズカウンセラー(NPO法人更年期と加齢のヘルスケア学会認定)の
受験に必要な受講ポイントも毎回0.25 点加算されます。

カウンセラー資格習得を目指すかたにもおすすめです。
メノポーズカウンセラーについての詳細は以下でご確認ください。
http://www.menopause-aging.org/counselor

開催場所) かながわ県民センター(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)

開催日時)第1回 11月19日(土) 19:00開始  およそ1.5〜2時間の予定

参加費)1,000円

定員)第1回は 30 名

研究会の目的)
 ●正しいHRTの知識と、更年期女性への適切なカウンセリング技術・知識を得る。
 ● HRTが必要な患者さんを発見できる鍼灸師の養成。
 ●予防医学、女性医学の医療連携としての一翼を担える存在になる。

講習内容)
 ●当学会のテキストを用いながら、更年期について学ぶ。
 ●更年期症状に対する鍼灸治療方法の実例検討やHRTと鍼灸併用の臨床検討を行なう。

 更年期医療に関して医師と鍼灸師が連携を探る画期的な研究会は他にはまだありません。
患者さんのためにもぜひ一緒に学び、日々の臨床に役立てましょう。

【30名限定】会場の関係で定員数に限りがあります。
予めご了承ください。



開催場所

かながわ県民センター神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
参加費(お支払いは現地にて) ¥1,000 終了
募集期間:〜2016年11月19日(土) 19:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/30