当イベントは終了しました。

『地球交響曲 ガイアシンフォニー第7番』上映会@見樹院

2017年6月9日(金) 12:002017年6月10日(土) 19:00

『地球交響曲 ガイアシンフォニー第7番』上映会@見樹院

20010年に制作された『地球交響曲 ガイアシンフォニー第7番』の自主上映会を文京区小石川の見樹院本堂で開催します。

会場 見樹院
住所 東京都文京区小石川3-4-14 2階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 地球交響曲 龍村仁 アンドルー・ワイル 高野孝子 グレッグ・レモン
事務局 食といのちを考える会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

 ※このサイトからのお申し込みは締め切りましたが、当日券を発行いたします。ご希望のかたは、直接会場にお越しください。(料金は同一です)

地球(ガイア)の声が、きこえますか

『地球交響曲 ガイアシンフォニー』とは、イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラズロック博士が唱える「地球はそれ自体がひとつの生命体である」という〈ガイア理論〉という考え方に勇気付けられ、龍村仁監督が製作した壮大なるオムニバスのドキュメンタリー映画です。

美しい映像と音楽、珠玉のことばの数々によって織り成される『地球交響曲』は、環境問題や人間の精神性に深い関心を寄せる人たちのバイブル的存在となっており、1992年公開の「第一番」から、2015年公開の最新作の「第八番」までの観客は実に240万人を数え、今なお全国各地で、自主上映され続けている作品です。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ~ 全ての生命が潔く、健やかに生き続けるために ~

地球交響曲「第七番」は母なる星GAIAからミクロのバクテリアまで、この世の全ての生命体が、その内部に秘めている生命の叡智・自然治癒力の、健やかな発現を願い、祈る作品にしたい、と考えています。
自然治癒力とは、ふだんから全ての生命体の中で働き続けていて、その複雑極まりない生命システム全体の統一と調和を整えている“目には見えない力”のことです。
過激化する地球の天候異変は、自らの力で病を癒そうとするGAIAの巨大な自然治癒力の現れです。
そして、私達人類は、そのGAIAの心を荷う存在です。  

「第七番」では「GAIAの自然治癒力」の健やかな発現を願って、GAIA本来の「心」とはなにか、その「心」に寄り添うために、私達人類は今、なにに気付き、なにを捨て、なにを取り戻すべきか、を問いたいと思います。

  「第七番」のキーワード ―
変えられないことを受容する落ち着き、 変えられることを変える勇気、
その二つの違いを見分ける賢さ 

(「地球交響曲」HPより)

* * * * * *
『地球交響曲 ガイアシンフォニー 第七番』上映会@見樹院
◆日時:2017年 6月9日~10日 

《6月9日(金)》
●昼の部  13:00~15:20(開場12:30)        
●夜の部  19:00~21:20(開場18:30)

《6月10日(土)》 
●昼の部  12:00~14:20(開場11:30)        
●夕方の部 16:30~18:50(開場16:00)

◆会場:文京区小石川・浄土宗 見樹院 本堂
   文京区小石川3-4-14
   東京メトロ 後楽園駅 もしくは 春日駅から徒歩15分
①東京メトロの駅から6番出口で地上に出る。
②目の前の大きな「春日通」を池袋方向(左)に歩く(緩い上り坂が続きます)
③大きな二つ目の交差点「伝通院前」(ここまで徒歩10分)を右折。伝通院の山門まで歩く。
(春日通りの交差点にあるコンビニが会場までに行くまでの最後のコンビニです)
④伝通院の山門を左折。(ここから住宅街になりますが、会場まで3箇所に標識を置いておきます)
⑤一つ目の角を右折。
⑥20mほど行った、道の左にある法蔵院の左の細い道の突当りが会場の見樹院です。五色の祈祷旗「タルチョ」が目印です。
会場の本堂(椅子席)は2階です。足の不自由な方は、エレベーターをお使いください。


◆参加費:大人 (高校生以上) 1000円     
                     こども(小中学生)       500円
                  未就学児      無料

※ 当日、受付にて参加費をお支払いください。
※ 2時間6分の作品です。観覧中、お膝の上のお子さまがご家族のご負担にならないよう、またお隣とのお席に余裕を持たせるため、小さなお子様の分もチケットもご予約ください。(本堂の階上のスペースを親子席としてご案内いたします)
※ 4回の上映にそれぞれ【大人】【こども】【未就学児】のチケットがございます。
お間違えないよう、お申込みください。


◆主催:食といのちを考える会(shokutoinochi@gmail.com
    見樹院
~~~~~~~~~~~~~~~
<出演者>

アンドルー・ワイル Andrew Weil

統合医療医学博士

1942年アメリカ・フィラデルフィア生まれ。
ハーバード大学卒、現アリゾナ大学統合医学プログラム理事。
世界各地の伝統医療と西洋近代医学を統合する「統合医療」の世界的第一人者。
『人はなぜ治るのか』『癒す心、治る力』など、世界的ベストセラーの著者でもある。医学部時代、西洋近代医学の限界を痛感し、伝統医療の叡智を求めて、アマゾン奥地をはじめ、世界各地を旅し、薬草やシャーマニズムのフィールドワークを行う。
彼の持つ経験と叡智は、医療の分野に止まらず、広くGAIAの「心」を知る上で、深い示唆を与えてくれる。今はアリゾナの砂漠地帯に住む傍ら、カナダB.C州の小さな島で、GAIAの「心」に沿った理想的なライフスタイルを求めて活動を行っている。

 

高野孝子 Takako Takano

環境教育活動家

1963年新潟県生まれ。早稲田大政治学大学院修了、英字新聞記者を経て、ケンブリッジ大「環境と開発」修士、エジンバラ大教育学博士。
アマゾン1,500キロカヌー下り、ベーリング海峡スキー横断など、数多くの冒険体験を持つ。1995年、男3人、女2人の国際混成チームで、人力と犬ぞりによる北極海横断の旅を日本人として初めて成し遂げた。
また、アラスカ・カナダの北極圏や南太平洋の小さな島に住む先住民の古老達と共に生活し、彼らの自然と共に生きる叡智を、現代の教育に生かす道を探り続けている。
最近では「大地とつながる」教育をめざして、手作業による米作りなど日本の伝統的自然農法を軸に人と自然のあり方を体験から学ぶプロジェクト「TAPPO南魚沼やまとくらしの学校」を始めた。

グレッグ・レモン Greg LeMond

ツール・ド・フランス覇者

1961年アメリカ・カリフォルニア生まれ。
標高3千メートルを越えるアルプスの山岳地帯から平野まで、4千キロの道のりを20数日間に渡って駆け抜ける自転車競技「ツール・ド・フランス」は、世界のあらゆるスポーツの中でも最も過酷だと言われている。
グレッグ・レモンは、1986年、ヨーロッパ出身の選手以外で、史上はじめてチャンピオンとなった。ところが、翌1987年春、人気も実力も絶頂期にあったレモンは不慮の事故で全身に散弾銃を浴び、瀕死の重傷を負う。
再起不能と言われる中、1989年、全身に鉛の銃弾を残したまま復帰。レース最終日、フランスの英雄フィニヨンを抜き、僅か8秒差で再びチャンピオンになった。この日の奇跡のようなレモンの走りは、今も語り草になっている。
2009年5月、次男を伴い日本の山岳地帯の聖地を訪れ、伝統工芸の匠達に会う自転車の旅を行った。



開催場所

見樹院東京都文京区小石川3-4-14 2階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
☆9日(金)昼の部(13:00) 大人 ¥1,000 終了
☆9日(金)昼の部(13:00) 未就学児 無料 終了
★9日(金)夜の部(19:00) 大人 ¥1,000 終了
★9日(金)夜の部(19:00) こども ¥500 終了
★9日(金)夜の部(19:00) 未就学児 無料 終了
〇10日(土)昼の部(12:00) 大人 ¥1,000 終了
〇10日(土)昼の部(12:00) こども ¥500 終了
〇10日(土)昼の部(12:00) 未就学児 無料 終了
◆10日(土)夕方の部(16:30) 大人 ¥1,000 終了
◆10日(土)夕方の部(16:30) こども ¥500 終了
◆10日(土)夕方の部(16:30) 未就学児 無料 終了
募集期間:2017年4月7日(金) 09:00〜2017年6月8日(木) 23:59

イベントは終了しました


変更履歴

  • 募集開始日時を【2017-04-01 09:00:00】から【2017-04-07 09:00:00】に変更しました。2017年3月15日(水) 14:46

RSS

終了