当イベントは終了しました。

無料講演会!『発達障害を持つ人の可能性』

2016年8月6日(土) 10:00〜12:00

無料講演会!『発達障害を持つ人の可能性』

自閉症作家東田直樹氏、ディスレクシア当事者にて啓蒙活動家南雲明彦氏を見出した高等学校校長が語る、教育現場から見えてきた発達生涯を持つ人の可能性!!

会場 名城大学天白キャンパス共通講義棟南4階S402
住所 愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501 共通講義棟南4階S402    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ 名古屋 セミナー 講演会 発達障害 無料 天白区 アスペルガー 自閉症
事務局 名古屋敬進高等学院 明蓬館SNEC名古屋塩釜    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

教育現場から見えてきた!

発達障害を持つ人の可能性

~明蓬館SNECが目指す、スペシャルニーズを持つ児童生徒から学ぶ教育とは~

 

講演者

明蓬館高等学校 校長 日野公三先生

日時

8月6日(土)10:00~12:00
場所

名城大学天白キャンパス共通講義棟南4階S402

※会場には駐車場がございませんので、公共交通機関にてお越しください。
※地下鉄鶴舞線塩釜口駅エレベーターより地上へ上がり名城大学東門よりお越しください。

内容

自閉症天才作家と異名をとる東田直樹。

ディスレクシア(読字障害)をカミングアウトし、

講演と作家活動をする南雲明彦。

芸術家、スポーツ選手として活動する卒業生。

中学全部不登校生徒が高校になって皆勤賞を取る生徒。

福祉就労でなく一般就労を実現した生徒。

潜在力が開発されるケースが続出しているのが

明蓬館高等学校が運営する、

SNEC(スペシャルニーズ・エデュケーションセンター)です。

全日制高校では不登校、引きこもり、学業離脱が起きやすい発達障害生徒たち。

特別支援学校高等部では学業意欲を満たせない発達障害生徒たち。

なぜ明蓬館SNECが、それらの生徒たちの受け皿になりつつあるのか。

短期間のあいだに実績を上げているのか、その秘密を明かします。

当日のプログラム

1.小学生10人に一人と言われる発達障害の現状

2.不登校の陰に発達障害あり、中学・高校の選択肢はいま

.3.自閉症ベストセラー天才作家、東田直樹を受入れ、卒業まで導けた背景

4.失敗、挫折から構築してきたSNEC誕生からのいきさつ、運営の鍵

5.教育・福祉・医療・就労の壁を壊すための今後の課題 



開催場所

名城大学天白キャンパス共通講義棟南4階S402愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501 共通講義棟南4階S402


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
講演会参加チケット 無料 終了
募集期間:2016年7月18日(月) 12:00〜2016年8月6日(土) 09:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了