当イベントは終了しました。

【増席しました】グレープシティ ECHO Tokyo 2017

2017年10月6日(金) 13:15〜18:00

【増席しました】グレープシティ ECHO Tokyo 2017

XAML開発技術のエキスパートを迎え、開発事例中心のセッションを行います。開発者が安心してXAML技術を採用できる手助けとなるような情報発信を目指します!

会場 日本マイクロソフト 品川本社 Aルーム
住所 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 31F    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ XAML Xamarin UWP WPF 業務アプリ 業務システム 開発 事例 Windows マイクロソフト
事務局 グレープシティ ツール事業部 ECHO Tokyo 2017事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

開催レポート

無事に終了いたしました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
開催レポートは以下よりご確認いただけます。

≫≫ 10月6日 に技術カンファレンス「ECHO Tokyo 2017」を開催しました

概要

テクノロジーの進化がめまぐるしい昨今、PC、タブレット、モバイルといったデバイスの多様化も伴い、業務アプリケーションの開発手法は数多くあふれています。

Windowsを対象とした業務アプリケーション開発は、企業のWindows 10への移行が拡大することで、今後も主流となることが想定されます。クラウドデータやWeb、モバイルとの連携も考慮したアプリケーションの開発には、WPF、UWP、Xamarinといった「XAML」をベースにしたUIの開発が最適です。

堅実な業務システムからモバイル、さらにはMicrosoft Hololensのような最先端のアプリまで対応できる「XAML技術」は幅広さが魅力です。XAML Standardのように、今後の可能性も期待されます。
一方で、その幅広さにより「敷居が高い」と感じたり、新しい技術であるがゆえに「導入に対する不安が拭えない」という人も多いのではないでしょうか。

ECHOでは、WPF、UWP、Xamarinと、XAMLを利用する各アプリ開発技術のエキスパートをお迎えし、開発事例を中心としたセッションを行います。実際に開発を行っている「現場の声」を一挙に聞くことができるので、開発のヒント、導入のヒントを探るのに最適なイベントです!

グレープシティは、20年以上にわたり業務アプリケーション開発者を支援し続けているコンポーネントベンダーとして、開発者の皆さまが安心して「XAML技術」を採用できる手助けとなるような情報発信を目指します。皆さまのご参加をお待ちしています!

“ECHO Tokyo 2017”はこんな方にオススメです

  • 業務アプリケーション開発をしている方
  • XAML技術(WPF、UWP、Xamarin)に興味のある方
  • XAML技術で開発を行っている方
  • 既存システムの移行手段を検討している方
  • 業務アプリケーションのモバイル対応、Web対応、モダン化を推進している方
  • 他社の開発事例に興味のある方
  • グレープシティのコンポーネント製品に興味のある方

セッション詳細

<セッション1>
タイトル XAML&Application Platform ~これまでとこれから~
スピーカー  画像「日本マイクロソフト株式会社 高橋 忍 さま」
日本マイクロソフト株式会社
テクニカル エバンジェリスト
高橋 忍 さま
概要 2007年 XAMLが .NET Framework 3.0とともに登場してから約10年が経ちました。
XAMLは言ってしまえば .NET Framework がサポートする開発言語のひとつにすぎません。しかしその仕組みや機能、プラットフォームを紐解けば、アプリケーションが目指す方向性やそのメッセージが見えてきます。
XAMLのこれまでを見ながら、そこに込められたメッセージとこれからのアプリケーションの姿を皆さんと共有したいと思います。
<セッション2>
タイトル XAMLで業務アプリがこんなに変わる!WPFやUWPのエンタープライズ事例
~ワクワクするような業務アプリ、たくさんお見せします!~
スピーカー  画像「株式会社マーベリック 秋葉 卓也 さま」
株式会社マーベリック
代表取締役
秋葉 卓也 さま
概要 マーベリックは「デザインの価値を世の中に訴求したい!」という思いのもとスタートした会社です。多機能で、様々なシステムやデータと連携し、複雑怪奇になりがちな「業務アプリ」こそデザインの価値を最大化できると考え、WPFやSilverlight、UWP、Xamarin Formsなどによるアプリを数多く開発してきました。

私たちは、自分たちの「デザイン」を最も効率的に実現できる環境が「XAML」だと考えています。一般的なWindowsアプリのイメージとはかけ離れているかもしれませんが、デザイン性に優れたアプリを開発するのに最も適した環境としてWindows(XAML)を選択しています。今回は、私たちの考え方やアプローチ方法なども織り交ぜながら、開発事例のデモを中心にお届けしたいと思います。
参考 ≫ グレープシティ パートナー紹介 - 株式会社マーベリックさま
<セッション3>
タイトル Migration to WPF
スピーカー  画像「エス・ビー・エス株式会社 須藤 隆一郎 さま」
エス・ビー・エス株式会社
システム開発部 第一システム部
部長代理
須藤 隆一郎さま
概要 Windows FormsからWPFへの移行開発事例をご紹介します。
『WPFのどのような点が受け入れられたのか?』
開発を通して得られた経験をもとに、WPFアーキテクチャを活かすポイントをお伝えします。
参考 ≫ グレープシティ パートナー紹介 - エス・ビー・エス株式会社さま
<セッション4>
タイトル 「クロスプラットフォーム開発×XAML」というパワーワードを真剣に考える
スピーカー  画像「フェンリル株式会社さま」
フェンリル株式会社さま
概要 近年、「モバイル化」という言葉を案件として聞くことが増えてきました。しかし、モバイル開発は決して簡単ではなく

- 新しい環境(IDE,ビルド環境)
- 新しいプログラミング言語(Swift, Java)

など、課題が山積みです。プラットフォーム毎に必要になるわけです。課題は掛け算式に増えていきます。
本セッションでは、上記課題を解決するためのツールとしてのクロスプラットフォームである「Xamarin」とデザインの共通化とXAMLでのコーディングができるライブラリ「Xamarin.Forms」を事例を織り交ぜて紹介します。
<まとめ>
タイトル Wrap Up "ECHO" (ラップアップ・エコー)
スピーカー  画像「グレープシティ株式会社」
グレープシティ株式会社
ツール事業部
プロダクトマーケティングマネージャー
福地雅之/津留季子
概要 グレープシティが「ECHO Tokyo 2017」を通じてみなさまにお伝えしたかったことをまとめます。テーマをXAMLに選択した背景や思い、弊社のコンポーネント製品が提供できる機能などを解説します。

※ セッションプログラムの内容は、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

メディアスポンサー

画像「teratail」  画像「gihyo.jp」  画像「CodeZine」  画像「Build Insider」

主催者情報

グレープシティ株式会社

※申し込み時点でグレープシティ株式会社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)に同意したものとみなします。



開催場所

日本マイクロソフト 品川本社 Aルーム東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 31F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加 無料 満席
募集期間:2017年8月31日(木) 15:00〜2017年10月5日(木) 12:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベント名を【グレープシティ ECHO Tokyo 2017】から【【増席しました】グレープシティ ECHO Tokyo 2017】に変更しました。2017年9月6日(水) 15:48
  • イベントチケット「イベント参加」のチケット販売枚数を【80】から【100】に変更しました。2017年9月6日(水) 15:47
  • 定員を【80】から【100】に変更しました。2017年9月6日(水) 15:47

RSS

終了
イベント参加 100/100(キャンセル待ち:5)