当イベントは終了しました。

第2回 「システム開発の視点が変わる!」セミナー

2016年6月23日(木) 16:00〜18:00

第2回 「システム開発の視点が変わる!」セミナー

従来通りのやり方を続けることに危機感を感じる、システム提案者・構築者・リーダーの方に向けて、ユニークな取り組みで成功を収める3社の例をご紹介

会場 朝日ビル302会議室
住所 東京都千代田区飯田橋4-4-8 朝日ビル 3F    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 第2回 「システム開発の視点が変わる!」セミナー事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

1)16:00~ 
「ユーザーの要求は変わるもの!限られた予算と期間で何を提供しますか?〜変化するニーズに合わせて仕様変更を前提としたプロトタイプ開発モデル〜」

講師:青木 智英(株)コードクオリティ代表取締役

1974年生。システム開発の現場で数々の炎上案件を体験し、炎上しない開発プロセスを考案。アジャイル開発に取り組み15年目。Agile Japan 2016公募セッションにて「請負で企画・開発・運用・拡張まで担当するアジャイルチーム」を発表。

最近、スモールスタートでサービスを始め、市場の反応を見ながらビジネスを拡大させていく企業が増えましたが、そこで必ずネックになるのがシステムです。開発パートナーを選ぶ際に、こんな要望に応えられる会社があるでしょうか?
・開発を進めながら、仕様を固めたい
・システムリリース後も次々と機能を拡張したい
・開発メンバーを必要に応じて増減したい
準委任契約と請負契約、ウォーターフォール開発とアジャイル開発を組み合わせることで現実的な解を探っていきます。



2)16:40~ 
「スキル評価だけでは強いチームは作れない、コンピテンシーに着目しよう!〜人財ポートフォリオを活かし、コンテクストベースで人事を考える〜」

講師:金森 紀博 (株)ワングリット執行役員

1972年生。大規模Webシステムの開発リーダー・マネージャを歴任、現在は教育ICTや人財育成コンサルタントとして活躍。2017年博士(人間科学)取得見込み。

これまでの人財ポートフォリオは経営者側が企業としてのポートフォリオを作成し、採用や人事に活用していくことが一般的でした。しかし、お仕着せ評価軸と分類で本当に適材適所の人事は実現しているのでしょうか。 特に、システム開発の分野はスキルベースの評価が中心ですが、チームによる開発が主流の現代では、本当に必要なのはコンピテンシーであり、エンジニア一人ひとりのコンテクストを理解した上で人事を考えることが成果を出しやすいチーム作りにつながるのです。 本セミナーでは組織の力を高めるために、人財ポートフォリオの新たな構築方法を提案します。


3)17:20~
「できないと決めつけてませんか? システムの苦手分野にあえて挑もう!〜属人的要素が強い業務プロセスこそ、システム化提案の大きなチャンス〜」

講師: 速見 裕(株)ポルタルト 代表取締役

1971年生。ドキュメント分野の開発を得意とする。デジタルにとらわれない発想で、ニッチかつユニークなソリューションを数多く手がける。

従来、システム化することが難しいとされてきた業務パートといえば、あいまいな要望を具体的な提案にまとめあげるコンサルティングやプランニング、コーディネートの分野。知識や経験、センスなど個々の力に頼る要素が多いため、提案品質にもばらつきが多くみられます。
弊社では、「個人に依存していた提案競争力を、システムを通じて組織の力に変えていく」というアプローチで、様々なシステムを構築、業務改善に成功してきました。「できない」と諦めていたことを「できる」に変えることは新たなシステム提案の切り口として、今後同様の問題を抱えるさまざまな業界/分野から求められていくことでしょう
今回のセミナーではこれまでの弊社の成功事例をご紹介するとともに、システム化のポイント、業務改善効果、提案のヒントなどについて詳しくお伝えいたします。

 



開催場所

朝日ビル302会議室東京都千代田区飯田橋4-4-8 朝日ビル 3F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
第2回 「システム開発の視点が変わる!」セミナー 無料 終了
募集期間:〜2016年6月23日(木) 16:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • 定員を【15】から【14】に変更しました。2016年6月14日(火) 21:18

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 12/14