当イベントは終了しました。

新春安全保障講演会

2017年1月14日(土) 18:30〜21:00

新春安全保障講演会

ウクライナの教訓から学ぶ日露関係のあり方―北方領土交渉、日露共同経済開発に日本はどう臨むべきか

会場 大阪市立総合生涯学習センター第7研修室
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 新春安全保障講演会事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

新春安全保障講演会
 
 先日も日露首脳会談が行われたばかりですが、ロシアから侵略を受けているウクライナの立場から、新進気鋭の日本研究者グレンコ・アンドリー様にウクライナの教訓から学ぶ日露関係のあり方について、ご講演していただきます。年明けのお忙しい時とは存じますが、ふるってのご参加をお待ちしております。
 
  国家生存戦略研究会会長 矢野義昭拝
 
〇テーマ「ウクライナの教訓から学ぶ日露関係のあり方―北方領土交渉、日露共同経済開発に日本はどう臨むべきか―」
 なお、トランプ新大統領の対露政策の影響についてもお話しいただきます
〇講演者 グレンコ・アンドリー氏
〇日時 平成29年1月14日土曜 18時30分~21時(開場18時)
〇場所 大阪市立総合生涯学習センター第7研修室(大阪駅前第2ビル5階)
〇講師略歴
 1987年 ウクライナのキエフ生まれ。2010年9月~2011年8月早稲田大学で語学留学、2011年12月日本語能力検定試験1級合格。2013年4月京都大学大学院修士課程入学、2016年4月京都大学大学院博士課程入学。2016年10月アパ日本再興財団主催第9回「真の近現代史観」懸賞論文学生部門優秀賞受賞。現在、本居宣長について博士論文を執筆中
〇資料代として、御一人2,000円頂きます。
〇アクセス
   地下鉄:御堂筋線「梅田」四ツ橋線「西梅田」谷町線「東梅田」、JR:「大阪駅」、東西線「北新地」、私鉄:阪神電車「梅田」、阪急電車「梅田」

 



開催場所

大阪市立総合生涯学習センター第7研修室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
資料代 ¥2,000 終了
募集期間:〜2017年1月14日(土) 18:30

イベントは終了しました


RSS

Styary(スタイアリー)
終了