第10回 理論と実践のハイブリッド・平田ゼミ

2018年1月13日(土) 09:002018年1月14日(日) 17:00

教師に必須の教材解釈力を身に付けるゼミ

会場 旭川市勤労者福祉会館
住所 北海道旭川市6条通4丁目    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 北の教育文化フェスティバル    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

北の教育文化フェスティバル(代表 山田洋一) 主催

テーマ:理論か感性か

 変化を見通せないこれからの時代。
 新しい社会のあり方を自ら創造することができる資質・能力が、子どもたちに求められています。そのためには、まず教師が自分の指導方法を不断に見直し、改善していく必要があります。
 今回の平田ゼミでは、「理論か感性か」というテーマに扱います。
 理論が重視されてきている社会で「今こそ感性を重視すべきだ」「理論と感性の調和が大切だ」「そもそも理論と感性の関係性は…」などの様々な問いや判断が成り立ちます。
 この2日間で、教育における理論と感性について考えていきます。

<日時> 2018年1月13日(土)~14日(日)

<場所> 旭川市勤労者福祉会館

<定員> 16名

<参加費> 12000円(弁当代込み)※1日のみの参加の場合は6000円になります。

※参加者コメントに学校名・住所・電話番号の記入をお願いいたします。

【1月13日】

 受付    8:45~ 9:00

《第1講座》 9:00~10:20(80分)
 ◎理論Ⅰ‐1 主体的・対話的とは?
  課題A 綿引論文『握り返す手の主体性』から主体的・対話的についてA4、1   枚にまとめる。

《第2講座》10:30~12:00(90分)
 ◎教材解釈Ⅰ‐1  教材解釈は、こうやる!~教材解釈方法のモデル化提案~

《第3講座》13:00~14:30(90分)
 ◎教材解釈Ⅱ‐2  教材解釈実践編①!~「お手紙」(アーノルド・ローベル)~
    課題B 「お手紙」の教材解釈をA4、1枚にまとめる。

《第4講座》14:40~15:40(60分)
 ◎教材解釈Ⅲ  よい教材の見抜き方!~教材選定のあり方:「COSMOS」か「にじいろ」か~
  課題C 2曲について自習してくる
  ※レポートなし

《第5講座》15:50~16:50(60分)
 ◎教材解釈Ⅲ‐2  教師のための合唱練習と指導法①

※懇親会を旭川市内、4000円程度で予定しております。

【1月14日】

受付     8:45~ 9:00

《第6講座》 9:00~10:30(90分)
 ◎理論Ⅰ‐2  言語と教育:〈対話の教育〉


《第7講座》10:40~12:00(80分)
  ◎講話  自分の感性を信じてよいか?


《第8講座》13:00~14:30(90分)
 ◎教材解釈Ⅱ‐2  教材解釈実践編②!~「お手紙」(アーノルド・ローベル)~


《第9講座》14:40~16:30(110分)
 ◎教材解釈Ⅲ‐2 教師のための合唱練習と指導法②

《リフレクション》16:30~16:45(15分)
 ◎リフレクション 明日からやれることを考えてみよう!

 
※その他ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお聞き下さい。



開催場所

旭川市勤労者福祉会館北海道旭川市6条通4丁目


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
参加費 ¥12,000 募集中
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会 ¥4,000 募集中
募集期間:2017年11月13日(月) 19:00〜2018年1月10日(水) 23:00

イベント募集:7/16 、懇親会募集:5/16

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


RSS

申込可能
イベント参加 7/16
懇親会参加 5/16