当イベントは終了しました。

日本小児精神神経学会 第22回研修セミナー

2017年11月3日(金) 10:00〜12:00

『発達障害児者の行動問題に関する機能分析アプローチの実際』 講 師: 井上 雅彦先生(鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学講座 教授)

会場 北海道大学高等教育推進機構大講堂
住所 北海道札幌市北区北17条西8丁目    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 日本小児精神神経学会事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

日本小児精神神経学会 第 22回研修セミナー

演題名: 『発達障害児者の行動問題に関する機能分析アプローチの実際』

講 師: 井上 雅彦 先生(鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学講座 教授)

講師のことば: 行動問題に対するエビデンスベースのアプローチとして、機能分析(Functional Analysis)の考え方が国内外で注目されてきている。機能分析とは行動の前後の環境変化を 分析することで,行動の形ではなく,その機能に着目する方法である。機能分析を活用することで,例えば“自らの頭を壁や床にぶつける”という自傷行動につ いて,「ストレスがあるから」という安易な解釈ではなく,行動の前後の環境から,要求(~ してほしい),注目(かかわってほしい),回避・逃避(やりたくない,いやだ),感覚(好き な感覚に浸る,嫌な感覚をマスキングする)などの機能として捉えることで,問題行動を 「本人の訴え」として分析することが可能になる。これによって環境調整や代替する適応行 動の教育という具体的ニーズに応えることが可能となる。本セミナーでは,機能分析の基本的な考え方と施設,学校,家庭などでの適用事例につ いて紹介し,成果や課題などについて議論したい。

日 時: 平成29年11月3日(金・祝) 10:00 ~ 12:00 (受付開始が9:00に早まりました。)

場 所: 北海道大学高等教育推進機構大講堂

参加費: 日本小児精神神経学会員は無料.非会員は2,000円を当日会場でお支払いください。

申込方法:
① 研修セミナー参加には事前参加登録が必要です。平成29年10月29日(日)までにお申し込みください。
② 参加ご希望の方は、本URL(こくちーずプロ)にアクセスのうえ、必要事項(氏名,ふりがな,所属,職種,本学会員か否か)をご記入いただき,事前登録をしてください。なお、携帯アドレスへ登録完了メールを送れないことがあるため、それ以外のメールアドレス登録をお願いいたします。
③ 本学会会員の方で、特別のご事情により上記の申込みができない場合には、企画委員会jsppnken@gmail.comまでご連絡ください。 
④ 締切日前でも定員に達し次第、事前登録を終了いたします。当日参加は定員に余裕のある場合に限り、受け付けます。満席の場合は当日参加をお断りする場合もございますのであらかじめご了承ください。
その他:
① 非会員の方のご参加は、小児の精神神経領域の専門職の方に限らせていただきます。ご了承ください。
② 研修セミナー内容の撮影・録画・録音は固くお断りいたします。ご留意ください。

<講師プロフィール 井上 雅彦 先生>  

2007年度まで 兵庫教育大学大学院 臨床・健康教育学系 准教授

現在      鳥取大学大学院医学系研究科 臨床心理学講座 教授

常任理事   日本自閉症スペクトラム学会  日本行動分析学会 理 事 長  

       日本ペアレント・メンター研究会 理事  

       日本発達障害者ネットワーク  日本自閉症協会

資 格:  臨床心理士 専門行動療法士  

主な著書:

井上雅彦,他『ペアレント・メンター入門講座 発達障害の子どもをもつ親が行なう親支援』(2011,学苑社)

井上雅彦,他『8つの視点でうまくいく!発達障害のある子のABAケーススタディ ̶アセスメントからアプローチへつなぐコツ』(2013,中央法規出版)

井上雅彦『家庭で無理なく対応できる 困った行動Q&A ̶自閉症の子どものためのABA基本プログラム4』(2015,学研プラス)


開催場所

北海道大学高等教育推進機構大講堂北海道札幌市北区北17条西8丁目


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
研修セミナー(学会員) 無料 終了
研修セミナー(非会員) ¥2,000 終了
募集期間:2017年7月1日(土) 00:00〜2017年10月29日(日) 23:59

イベントは終了しました

RSS

終了
イベント参加 75/300