当イベントは終了しました。

『おはなしペチカ.003 』 ~春分~

2017年3月19日(日) 14:00〜16:00

『おはなしペチカ.003 』 ~春分~

春分の節目に、天へ向けて、 「音」と「ことば(言霊)」の響きを捧げる祝祭をいたします。

会場 ことばの家
住所 大阪府大阪市住吉区帝塚山中2-8-20    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 ことばの家    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

 

「春分」を迎えるころに
第三回『おはなしペチカ』を開きます。
  
 
季節の節目に、天に向けて
「音」と「ことば(言霊)」の響きを捧げる祝祭です。
 
 
奇しくもペチカはこれまでも、
「夏至」や「冬至」の前後に開催されていて
 
そのたびに
 
神々が、喜んでくださっていること
そして人間たちの後の暮らしに
よりよき流れを与えてくださること
 
神と人とが与え合う、
エネルギーの循環を確かに実感したのでした。
 
 
そこで2017年は
 
前回のペチカでタッグを組んだ

ライアー奏者の足利智子さんと
この季節の節目の祝祭を、
一巡りしてみることにしました。
 
また今回は、
次女に加えて長女も出演いたします。
   
  
春の兆しに
身体がわくわくと鼓動を打ちはじめるこの時期
 
言語造形によるいくつかの詩と物語、そして
ティラル&タリタライアーの豊かな響きとともに
いのちの禊(みそぎ)をしませんか。
 
 
終演後には
お茶とクッキーをいただきながら
 
互いの祝祭体験をシェアし合う
「さにわのじかん」も持ちましょう。
 
 
皆さまのお越しを、こころよりお待ちしております。
 

 
演目: 

「きれいだな」(諏訪かさね作) 

「ルリカケスのうた」(こうだてつひろ作)

「手紙 四 ~チュンセとポーセの物語~」(宮澤賢治作)

「立神さま」(こうだてつひろ作)

「手紙 二 ~娼婦ビンツマティーの物語~」(宮澤賢治作)
 
 
語り: 

諏訪千晴 (言語造形家) 
諏訪夏木 (小学五年生) ・ かさね (小学二年生)
 

音楽: 

足利智子 (ティラル&タリタライアー)
     

 

要予約 ・ 事前振込制

◎ ゆうちょ銀行 
   記号 10260 番号 28889041 
   諏訪 千晴 (スワ チハル) 
 

物語の内容からご参加は【小学生以上】とさせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。
   
 
 



開催場所

ことばの家大阪府大阪市住吉区帝塚山中2-8-20


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
大人 ¥2,000 終了
子ども ¥500 終了
募集期間:〜2017年3月18日(土) 00:00

イベントは終了しました


RSS

Styary(スタイアリー)
終了