当イベントは終了しました。

防災ママカフェ@静岡

2016年9月2日(金) 10:30〜13:00

防災ママカフェ@静岡

子どもを守ることができるママになろう!

会場 静岡県地震防災センター
住所 静岡県静岡市葵区駒形通5丁目9番1号    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 防災ママカフェ 静岡 地震防災センター 子連れ
事務局 NPO法人ママの働き方応援隊 静岡校    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

【防災ママカフェ@静岡】

~明日起こっても不思議ではない大震災!子どもの命を守れるママになろう!~

 

日 時:9月2日(金)10時15分開場 10時30分開始 13時00分終了予定
会 場:静岡県地震防災センター


駿河湾では、過去100年から150年おきに巨大地震が繰り返し起きています。しかし、現在160年以上も巨大な地震が起きておらず、「大地震はいつ起こってもおかしくない」状態です。東日本大震災をはじめ、大人が知らなくて、備えていなくて、誰よりも怖い思い、大変な思いをしたのは子どもたちです。ママが知ること、備えることで、子どもを守ることができる、未来は変えられる。今出来ることを知り、行動できるようになりましょう!

【講師紹介】
かもんまゆ氏  (スマートサバイバープロジェクト生存教育チーム特別講師)

「あの日の教えを、明日のいのちを守る学びにする」「ママが知れば、備えれば、守れるいのちがある」を合言葉に、「防災★ママカフェ」を展開。
2011年3月の東日本大震災の際、約10か月間に渡り、全国のママから集まった段ボール950箱以上の物資を、1200人以上の避難所に入れなかった被災地のママと子どもたちに送付した活動を機に、ママによるママのための支援コミュニティを設立。全国50か所以上、3000人以上のママたちに、誰にでも分かりやすく、心に響く言葉で自分と大切な人のいのちを守る方法を伝えていらっしゃいます。

【内容】
第1部 防災ワークショップ
東日本大震災で乳幼児ママが直面した「実際はこうだった!!」リアルな体験談から学んで、備えるワークショップ。被災地ママの声と知恵が詰まった防災ママBOOK の他、映像・スライドを使って、実例をもとに分かりやすい言葉で伝えます。

第2部 防災食・試食・試作
被災地ママの「子どもはおいしくなければ食べない」「子どもが食べない備蓄は意味がない!」の声から生まれた、親子で作って食べる防災食チャレンジ!加熱剤を使って実際に調理します。

参加費:小学生以上1000円 当日会場で集めます。
定 員:大人40名 お早めにどうぞ。
対象者:乳幼児のパパママ・
ご家族・子育て支援者の方々
(同室にキッズスペースを設けますのでご了承ください。)

申し込み:かならずお申込みください。以下のことフォームにてお知らせください。

①お名前 ②性別 ③メールアドレス ④電話番号
⑥同伴されるお子さまの有無 その場合、月齢や年齢


開催場所

静岡県地震防災センター静岡県静岡市葵区駒形通5丁目9番1号


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
防災ママカフェ参加費 ¥1,000 終了
募集期間:2016年7月14日(木) 06:00〜2016年9月2日(金) 04:00

イベントは終了しました


フォトアルバム


変更履歴

  • 募集終了日時を【2016-09-02 08:00:00】から【2016-09-02 04:00:00】に変更しました。2016年9月2日(金) 03:54
  • 募集終了日時を【2016-08-31 04:00:00】から【2016-09-02 08:00:00】に変更しました。2016年8月31日(水) 04:57
  • 募集終了日時を【2016-08-31 04:00:00】に変更しました。2016年8月31日(水) 03:52

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 13/40