当イベントは終了しました。

岡山大学シンポジウム「科学技術イノベーションで地域と社会を元気にする ~チャレンジをこめた第5期科学技術基本計画をめぐって~」

2016年2月24日(水) 14:30〜17:30

岡山大学シンポジウム「科学技術イノベーションで地域と社会を元気にする ~チャレンジをこめた第5期科学技術基本計画をめぐって~」

本年4月より開始される学術研究、イノベショーン創出など、今後5年間の根幹政策である「第5期科学技術基本計画」についての説明とパネルディスカッションを開催します。

会場 岡山大学大学院自然科学研究科棟 2階 大講義室
住所 岡山県岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学津島キャンパス    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ 科学技術 研究 イノベーション 産学官連携 大学 知的財産 学術 地域創生 第5期科学技術基本計画 岡山大学
事務局 岡山大学リサーチ・アドミニストレーター(URA)執務室    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

◆◆◆ 岡山大学シンポジウム ◆◆◆

科学技術イノベーションで地域と社会を元気にする

~チャレンジをこめた第5期科学技術基本計画をめぐって~

【概要】

国の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)において、「第5期科学技術基本計画」(平成2832年度の5年間計画)が策定されました。

本計画は、科学技術の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るための重要な計画であると同時に、より良い未来の社会を実現するための科学技術イノベーションを市民、大学・研究機関、産業界、自治体等が協同するとともに、地域の魅力あるさまざまな取組にも大きな期待を持つものです。

また、大学・研究機関のマネジメントを行う執行部、リサーチ・アドミニストレーター(URA)の方々のみならず、研究者の方には研究活動に、自治体、企業関係者の方には事業計画などに直接関係する極めて重要な計画となります。

本計画について、直接計画策定に携わってきた内閣府から国の取組の様子など直接ご紹介頂き、かつ中国地域の有識者らと共に科学技術の振興、地域創生、中小企業の振興、産学官連携強化などに寄与するディスカッションを設けることで、科学技術イノベーションで地域と社会を元気にする原点をみなさんと再考したいと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

【日時】

平成28(2016)年 2月 24日(水曜日) 14:30 17:30

 

【会場】

岡山大学(津島キャンパス) 自然科学研究科棟 2階 大会議室

(岡山県岡山市北区津島中3-1-1

 

【定員】

200名(どなたでも参加できます:参加費無料)

 

【申込み:事前参加登録制】

下記のURLより、事前申込みをお願いいたします(先着順)

http://ura.okayama-u.ac.jp/topics/

 

【主催】

国立大学法人岡山大学

 

【共催】

経済産業省中国経済産業局、岡山県、岡山市、中国経済連合会、一般社団法人岡山経済同友会、株式会社山陽新聞社、株式会社テレビせとうち(予定を含む)

 

【プログラム】

14:3014:40 開催の挨拶

        国立大学法人岡山大学 学長 森田 潔

 

14:4015:00 岡山県の産業振興(技術開発)施策について

        岡山県 産業労働部 部長 桐野伸一 氏

 

15:0015:20 中国地域の産業競争力強化策について

        経済産業省 中国経済産業局 地域経済部 次長 大原晃洋 氏

 

15:2015:40 岡山経済同友会の活動と目指すもの

        一般社団法人岡山経済同友会 代表幹事 萩原邦章 氏

 

15:4015:55 休 憩

 

15:5516:40 第5期科学技術基本計画の概要 ~科学技術イノベーションで大変革時代を切り拓く~

        内閣府 大臣官房審議官 中川健朗 氏

 

16:4017:20 パネルディスカッション「第5期科学技術基本計画を通じて共にチャレンジしていくために」

        中川健朗 氏(内閣府 大臣官房審議官)

        桐野伸一 氏(岡山県 産業労働部 部長)

        大原晃洋 氏(経済産業省 中国経済産業局 地域経済部 次長)

        萩原邦章 氏(一般社団法人岡山経済同友会 代表幹事)

        江草明彦 氏(株式会社テレビせとうち 取締役・報道制作局長)

        山本進一(国立大学法人岡山大学 理事(研究担当)・副学長)

        狩野光伸(岡山大学大学院 教授)【座長】

 

17:2017:30 閉会の挨拶

        国立大学法人岡山大学 理事(研究担当)・副学長 山本進一

 

       <モデレーター:国立大学法人岡山大学 学長特命(研究担当)・URA 佐藤法仁>

 

【その他】

・共催等は、現時点での予定ですので変更の可能性があります(2月17日現在)。

・会場には、有料駐車場が極めて少ないため公共交通機関でのお越しをお願いいたします。

・本シンポジウムは、文部科学省「研究大学強化促進事業」の一環として行われます。

 

 詳細は下記URLをご覧ください。

 http://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id1659.html

 

【本件お問合わせ先】

岡山大学リサーチ・アドミニストレーター(URA)執務室

TEL086-251-8919

http://ura.okayama-u.ac.jp/inquiry/



開催場所

岡山大学大学院自然科学研究科棟 2階 大講義室岡山県岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学津島キャンパス


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
右記URLからお申込み下さい: http://ura.okayama-u.ac.jp/topics/(締切日: 2016-2-23 23:59) 無料 締切
募集期間:2016年2月1日(月) 00:00〜2016年2月23日(火) 23:59

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベントチケット「右記URLからお申込み下さい: http://ura.okayama-u.ac.jp/topics/」のチケット名を【左記URLからお申込み下さい:http://ura.okayama-u.ac.jp/topics/】から【右記URLからお申込み下さい: http://ura.okayama-u.ac.jp/topics/】に変更しました。2016年2月3日(水) 18:28

RSS

Styary(スタイアリー)
終了