当イベントは終了しました。

土鍋deごはん!×山形鶴岡の食文化・夏♪

2017年7月22日(土) 12:00〜14:00

土鍋deごはん!×山形鶴岡の食文化・夏♪

土鍋でごはんを炊く時間を五感で楽しみ、数種のお米と鶴岡ならではのおかずをみんなで食べ比べ♪

会場 RAKUGAKITCHEN
住所 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目3-30 仙台協立第8ビル内(定禅寺ヒルズ2内)    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 Donabeka(土鍋家)高田まゆ    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

土鍋でごはんを炊く時間を五感で楽しみ、
炊きたてのおいしいご飯をみんなで食べる土鍋deごはんシリーズ。

前回大好評だった、山形(鶴岡)のお米屋さんに務める佐藤公望(ひろみ)さんとのコラボ第二弾!

★本当に美味しいお米食べ比べ
★鶴岡の夏の食文化を体感しよう♪
 (鶴岡のご飯のお供・おかず♪数品)

をテーマに行います!

美味しいご飯を食べながら、お米のこと、鶴岡の文化のこと、土鍋のこと、など、いろいろ話ましょう〜!!!

《日時》2017年7月22日(土)
11:45  開場
12:00  スタート
14:00 終了予定

《開催場所》
RAKUGAKITCHEN

《会費》
4,000円
当日お持ちください
※キャンセルポリシー
1週間前キャンセルの場合50%
開催日2日前以降キャンセルは100%
のご負担をお願いいたします。

☆☆土鍋de朝ごはんとは?

目の前の食事を食べる事。
それは、
「自然の恵みをいただくこと
私達の身体にちゃんといただくこと」

だから、

自分の体が本当に欲しているもの、
食べることで体が喜ぶ材料や調理方法
を選択し、いただくことが、
自分を愛してあげること&
自分を幸せにすることにつながる、

と私たちは考えます。

しかしながら、食事に限らず、
忙しい現代に生きる私たちは、
「選択する」ことを意識して過ごすことは
実は難しいもの。

そこで、

土鍋でごはんを炊くという、
「今ここ」に集中し、五感をフルに使う、
日本人にとっての「食の基本」をていねいに行うことを通して、
毎日の食事からキャリアや人生まで、
「自分で選択する」意識を持つきっかけを提供したい。

そんな想いから、
ごはんを一人一台、ていねいに土鍋で炊き上げる会を
継続して開催しています。

自分で火をつけてから、
徐々に湯気がでてきて、甘い匂いからちょっとおこげの匂いがするまで…

炊きあがっていくまでの時間を五感で感じながら過ごします。

炊きあがって蓋を開けた時のふっくらつやつやした様子、口に入れたときのお米の味も、格別!

自分で炊き上げるごはんは、いつもの炊飯器で炊くごはんとは違う時間や感覚を与えてくれるものと思います。

ほくほくで美味しいごはんとお味噌汁を参加者そろっていただきましょう。

⭐︎使用するのは日本の伝統産業品である、萬古焼のごはん鍋!

土鍋は扱いが難しそう、、、と敬遠されがちですが、
実は機能性が高く、使い勝手抜群!!

日本の伝統が、現代の私たちの暮らしも、
豊かにしてくれます。

まずは、実際に体感しにきてください!
お待ちしています。

<くらしデザインLabo くまる>
http://social-unit.webnode.jp/



開催場所

RAKUGAKITCHEN宮城県仙台市青葉区国分町3丁目3-30 仙台協立第8ビル内(定禅寺ヒルズ2内)


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加 ¥4,000 終了
募集期間:〜2017年7月22日(土) 12:00

イベントは終了しました


RSS

終了
イベント参加 1/12